スポンサーリンク

小室圭の母の婚約者とはだれ?名前や職業、金銭トラブルの矛盾も調べてみた!

小室圭の母 未分類

眞子さまとの婚約が延期となっている小室圭さん。母である小室佳代さんと元婚約者の間には金銭トラブルが未だ解決していないようです。元婚約者とはどんな方なのでしょうか。名前も知りたいところです。今回は、小室圭の母の婚約者とはだれ?名前や職業、金銭トラブルの矛盾も調べてみた!について書いてみました。

スポンサーリンク

小室圭の母の婚約者はどんな人?

今、注目を浴びている小室圭さんの母、小室佳代さんの元婚約者とはどんな方なのでしょう。

名前は公表されていませんが、週刊誌には竹田さんやXさんなどと名前を装っています。年齢は69歳で、外資系企業に勤めていて万年筆などを修理する仕事を40年以上されているようです。

プライベートでは、一般女性と2度の離婚歴があるそうです。

1994年に、横浜市港北区にあるマンションを新築で購入されています。このマンションには小室圭さんと母である小室佳代さんが既に住んでいました。

当時、一般女性と結婚生活を送っていた元婚約者の方ですが、1999年に離婚されています。2017年12月末まで購入したマンションに住んでいたようですが、現在はアパート暮らしだそうです。

テレビの報道で見る限りでは、正義感の強い優しそうな印象を受けます。

スポンサーリンク

小室圭の母の婚約者との馴れ初めは?

小室圭さんの父の名前は小室敏勝さんと言いますが、元婚約者とは知り合いだったようで、その為か、小室圭さんも仲の良いお付き合いをされていたようです。

2007年頃、小室圭さんが紹介する形で、母である小室佳代さんと元婚約者の方は出会っています。

小室圭さんの父ですが、2002年~2003年頃に焼身自殺をしてお亡くなりになっています。噂ですが、原因は金銭トラブルだったのではと言われています。その為、小室圭さんは母子家庭で育ったことになります。

プロポーズは、何と小室佳代さんからされたようです。2010年9月のことです。お二人は晴れて婚約関係となったのですが、2年間という短さで婚約を解消されています。

小室圭の母の婚約者との婚約と解消は?

2012年9月まで婚約関係であったお二人ですが、金銭トラブルが原因で破局してしまったようです。元婚約者の方から切り出したと言われています。

2010年に婚約してからは、元婚約者とは親密な関係となり、金銭面でも支えてもらったことに関しては母子共に認めていて、感謝していると言われています。ですが、小室佳代さんは、元婚約者に絶えず金銭の要求をするようになり、その合計額は400万円以上にもなってしまったようです。

これには元婚約者の方も嫌気がさしたのではないかと言われています。別れたいと小室佳代さんに伝えたのですが、突然のことで詳細な理由もなかった為、小室佳代さんは一時期憔悴していたそうです。時間と共に受け入れることができたと言われています。

スポンサーリンク

小室圭の母の婚約者があやしい?矛盾と不可解な行動は?

元婚約者とは婚約解消となりましたが、1年以上経った2014年頃に連絡があり、貸したお金を返してほしいと言われたそうですが、連絡はそれっきりだったと言います。

ですが、小室圭さんと眞子さまの婚約が発表されると、急に金銭トラブルがあると週刊誌に暴露し始めました。

根本的に両者の意見は違っています。お金は贈与されたものと小室家側は認識しており、反対に元婚約者は貸与しただけと主張されています。

父親代わりになれたらという想いから、小室圭さんの学費まで出していたそうですが、そのような気持ちがあったのだとしたら、贈与されたものと思われても仕方ないのではないでしょうか。

また、タイミングも怪しいとさえ思ってしまいます。2014年から一度も連絡がなかったのに、小室圭さんと眞子さまの婚約を聞いて週刊誌やテレビで語っている姿には不信感さえ覚えます。

婚約解消した時に、小室家側は少しずつでも返していく姿勢を見せていたのですが、元婚約者はそれには応じませんでした。返済する金額が少ないと言われたみたいです。ですが、現在は少しずつでいいので返して欲しいと言っているのです。矛盾が生じます。

今必要なのは、週刊誌などでベラベラと情報を与えることではなく、法的な場所で話し合いを設けることかと思います。

小室圭の母の婚約者に返済義務はある?

2019年1月22日に小室圭さんは、兼ねてから問題となっていた金銭トラブルについて、マスコミあてに文書を発表しました。そこには、小室圭さんの母である小室佳代さんの元婚約者からの学費援助などは借金などではなく贈与であり、小室家側は解決済みと認識しているというものでした。

小室圭さんの文書が事実であれば、何年も前の出来事を蒸し返され、いきなり400万円以上のお金を返済しなければならなくなり、いくら小室圭さんに収入があったにしても簡単に支払える額ではないように思えます。

血は繋がっていなくても、当時は小室圭さんの父親になることを考えていらっしゃったはずです。多くの父親・母親は、自分の子供の学費を支払っていて、子供に貸しているわけではないかと思います。元婚約者も、父親として学費を工面したのであれば、貸したものと言い張るのは無理があるように感じます。

もちろん、感謝する姿勢は大事かと思いますし、小室圭さんや小室佳代さんが裕福に生活していたとしたら返済すべきかと思いますが、借用書などもない現在の状況からすると難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

小室圭の母の婚約者と小室圭の仲は?

小室圭さんの父と元々交友のあった元婚約者。小室佳代さんと婚約していた時期は、小室圭さんと仲の良いお付き合いをされていたようです。小室圭さんは当時大学生だったみたいです。

元婚約者のことを名前で呼ばず、パピー(=パパ=父親)と呼んでいたという情報もあります。現在のピリピリした状態からはとても考えられません。

ただ、少し寂しい思いをされたことがあるようです。帝国ホテルで、小室圭さんの成人式の記念撮影をした時のことでした。家族写真を撮ったようなのですが、小室圭さんと小室佳代さんの2人だけで撮影に応じたというのです。成人式に靴をプレゼントしたのも、記念撮影にかかった費用を払ったのも、元婚約者。それなのに、家族写真にご自分が写ることはなかった寂しさを語っていました。

本当のことはわかりませんが、もしかしたらこの頃から、元婚約者の方は小室家に対して不信感を抱き始めたのかもしれません。

小室圭の母の婚約者との金銭トラブルは?

元婚約者とは金銭トラブルが発生してしまった小室佳代さん。

小室圭さんの父は早くに亡くなった為、母子家庭であり生活は苦しかったそうです。そんな様子を知っていた当時婚約者だった男性は、小室圭さんが国際基督教大学(ICU)に入学する為の入学金や授業料を出してくれたと言います。

それだけでなく、小室圭さんのアメリカ留学の為の費用や、一時期通っていたアナウンススクールの授業料までも払ってくれたそうです。

小室佳代さんの口座には、合計400万円以上送金されていることが銀行の通帳を見てもわかります。

流石に元婚約者も負担を感じるようになり、気持ちも冷めてしまったようです。結局、婚約解消となりますが、そこからがお互い意見が食い違うのです。

破局してから、少しずつ返済していくと小室佳代さんは伝えたそうなのですが、返してもらうつもりはないと元婚約者はおっしゃっていたというのが小室家側の主張です。

これに対し、元婚約者はお金をあげたのではなく、支援し貸しただけと反論しているのです。

お互いが納得し、解決する日は来るのでしょうか。

スポンサーリンク

小室圭の母の婚約者とはだれ?名前や職業、金銭トラブルの矛盾も調べてみた!のまとめ

眞子さまとのご結婚が見送られている小室圭さん。その原因はやはり小室圭さんの母、小室佳代さんと元婚約者との間に金銭トラブルがある為のようです。

一般人でもある為、名前は公表されていませんが、元婚約者の方は週刊誌などでは竹田さんやXさんといった名前を使っているようです。外資系企業に勤めているようですが、年齢が69歳と高齢の為退職されている可能性もあります。

この金銭トラブルには矛盾していることもあるのです。元婚約者の方は父親替わりとして小室圭さんの学費や小室家の生活費を払っていたと言われており、婚約解消した時も小室家側は少しずつでも返済していくつもりでいたそうなのですが元婚約者の返事は少なすぎるというものでした。

それから何年も連絡をとっていなかったようですが、小室圭さんと眞子さまとの婚約を耳にすると、急にテレビや週刊誌に出始め、金銭トラブルがあり解決していないと訴えるようになったのです。少しずつでもいいから返して欲しいとまで語っています。

一体どちらのおっしゃっていることが本当なのでしょうか。

好きな恋人はアメリカにいて、ご両親からもこの結婚を良く思われず、1番心細く傷ついているのは眞子さまのはずです。そのことを周囲の方達は忘れないで頂きたいです。

 

コメント