菊池涼介の年俸2019はいくら?結婚発表は彼女のプリクラが!

菊池涼介 スポーツ

2018年の契約更改で、来年オフのメジャー挑戦を球団に伝えた広島の菊池涼介選手ですが、年俸2019年はいくらなんでしょうか?また、結婚発表の噂が出たり、彼女のプリクラが流出したりとあるそうで気になりますね。今回は、菊池涼介の年俸2019はいくら?結婚発表は彼女のプリクラが!について調べてみました。

スポンサーリンク

菊池涼介の年俸2019と年俸推移

日本代表のセカンドとしても活躍している菊池涼介選手の年俸についてですが、2019年は推定2.4億円と報道されています。ワールドカップで活躍し、広島の3連覇にも貢献している菊池涼介選手ですので、これくらいの評価は当然かもしれませんね。

続いて菊池涼介選手の年俸の推移ですが、2011年のドラフト2位で入団したときは1000万円ほどでした。入団2年目の2013年には広島カープのセカンド(2塁)のレギュラーに定着しましたので、1500万円にあがっています。

2014年には3割越えと打撃でも成長を見せ、3900万円にあがっています。そして2015年には8500万円に一気に増加。2017年には広島カープの優勝もあって、1億4500万円に一気に増加しています。

2018年には2連覇で1億9000万円。そして今年は年俸2億4000万円と順調に伸びています。

菊池涼介の2018年の成績

菊池涼介選手の2018年度の成績ですが、

試合:139

打席:642

打数:557(上の「打席」から四死球、犠打、犠飛、打撃妨害、走塁妨害の数を除いたもの)

得点:504(自身がホームベースに触れて得点をした点数のこと)

安打:130

二塁打:27

三塁打:1

本塁打:13

塁打:198(塁打=単打×1+二塁打×2+三塁打×3+本塁打×4=安打+二塁打+三塁打×2+本塁打×3。塁打を打数で割ると長打率になる。)

打点:60

盗塁:10

盗塁死:2

犠打:30

犠飛:1

四球:51

敬遠:2

死球:3

三振:111

併殺打:5

打率:.233

出塁率:.301

長打率:.355(長打率 = 塁打 ÷ 打数)

OPS:.656(出塁率と長打率とを足し合わせた値)

となっています。

スポンサーリンク

菊池涼介の実家と父親の職業は?

広島カープで活躍する菊池涼介選手ですが、意外にも出身は東京都大和市。中学校を卒業後は実家をでて長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学しました。残念ながら甲子園の土は踏めなかったみたいですね・・・。

そして菊池涼介選手の実家ですが、15歳の時に東京都の東村山市に移っていたそうです。同じ東村山市出身の志村けんさんの大ファンである菊池涼介選手は、以前に志村さんとテレビ番組で共演した時に「僕、東村山が実家なんです。4丁目なんですけど。」と実家の住所まで話していたそうなんです。

ですが実は、東村山に4丁目というのは実在しないそうなんです。志村けんさんがあの有名な「8時だョ!全員集合」で歌っていた「東村山音頭」に4丁目がでてきます。つまり志村さんの有名な歌の歌詞にかけた冗談だったんですね。

菊池涼介選手の家族についてはあまり公表されていませんが、どうやらお父さんは巨人の星にでてくる星一徹のような方だったみたいです。小学校から帰ってきた菊池涼介選手は、まず野球の練習を叩き込まれ、それが終わらないと遊びにいくことができなかったそうなんです。

このような束縛などが嫌で高校は実家から飛び出して遠くの高校を選んだみたいです。

菊池涼介の結婚発表はある?

菊池涼介選手は今年で28歳になります。WBSで活躍し広島カープでは三連覇と、選手としても一番いい時期ですし、そろそろ結婚発表の話がでてきてもおかしくない年齢ですね。

どうやら大学時代から付き合っていた彼女がいたそうなんですが、現在は彼女はいないと公言しているみたいです。

以前にテレビ番組に出演した時に「結婚のご予定は?」と質問されて
「選手会の納会で恋愛運MAXって言われたんですけど・・・全くないですね・・・。」
「(暖かいご飯を)食べたいです!超食いたいっす!家を掃除してもらいたいっす!」
と発言していましたので、結婚願望はあるみたいですので、そろそろ結婚発表が聞けるかもしれないですね。

しかし、この菊池涼介選手には色々な美女とのウワサがでております。それでは、結婚発表の可能性のあるウワサの美女を見て行きましょう。

スポンサーリンク

菊池涼介の彼女は浅田真由?

まず一人目のウワサされている美女は、浅田真由(あさだ・まゆ)さんです。フィギアスケートの浅田真央さんとは一文字違いですので、間違いてしまいそうですが、浅田真由さんは元広島テレビの人気アナウンサーです。

浅田真由さんは現在28歳と菊池涼介選手と同い年、どころかなんと誕生日が3日違いです。菊池涼介選手が1990年3月11日、浅田真由さんが1990年の3月8日。すごい奇遇ですね。

野球好きの父のもとでプロ野球中継を毎晩見る家庭で育った浅田真由さんはアナウンサーになり、広島テレビ時代は広島カープのレポーターを担当していたそうです。

ですので、球場へ脚を運ぶ機会も多く、広島カープの選手とは接点があったようですね。そして浅田真由さんは小さい時からの広島カープファン。

浅田真由さんはカープファンということもあり、マツダスタジアムでアルバイトをされていたそうです。その際テレビディレクターからの誘いで番組オーディションを受けて合格、女子大生アシスタントとしてテレビ新広島のスポーツ番組にレギュラー出演、タレント活動のきっかけでした。

菊池涼介選手が浅田真由さんのためマンション購入!と噂も出ています。これで結婚秒読み!

しかし、菊池涼介選手は浅田真由さんとの交際説について日刊紙の取材で聞かれた時に応えています。「浅田真由さんは取材に来られる方なのでもちろん知っていますが、交際等の事実は一切ありません。」と。どうやら浅田真由さんとの噂はデマだったようですね。

菊池涼介の彼女は大重麻衣?

となると、菊池涼介選手の交際相手は一体だれなのでしょうか?結婚発表する相手について調査していますと、一人の人物がでてきました。

それは、こちらも同じアナウンサーの大重麻衣さんです。広島HOMEテレビでアナウンサーをしているそうです。やはりアナウンサーをしていますので、選手へのインタビューなどで球場に足を運ぶ機会が多く、菊池涼介選手との接点は多いにあったのではないでしょうか。

大重麻衣さんは前述の浅田真由さんとは違い、菊池涼介選手の一つ下の27歳みたいです。広島でテレビアナウンサーをされていますが、出身は菊池選手と同じ東京都。

2017年の広島カープセリーグ優勝の時は、菊池選手などからバッチリビールかけの洗礼を浴びました。この大重麻衣さんとの熱愛説がネットではよくみかけるのですが、こちらもどうやらただのウワサだったみたいです。どうやら、人気の選手と地元のアナウンサーとの熱愛説はよくでるものみたいですね・・・。

スポンサーリンク

菊池涼介と彼女のプリクラが?

そんな熱愛説の多いモテモテの菊池涼介選手ですが、過去に一度スキャンダルがでたみたいです。といっても元彼女とのプリクラが流出したというものです。

現在は削除されており、実物を確認することは出来ませんでしたが、プリクラ流出当時は少し騒動に発展するほどだったそうです。おそらく大学からの元彼女とのプリクラでしょうか?

どのみち現在ではすでにわかれているみたいですので、こちらの女性との結婚発表はおそらくないでしょうね。

ちなみに菊池涼介選手は、過去に浅田真央さんとの結婚・同居説もでていたそうです。こちらももちろんガセネタで、前述の元アナウンサーの浅田真由さんと名前が似ているので間違えられて、結婚発表や新築購入などのウワサがでていたそうです。

こんなに色々関係のないウワサがでるなんて、人気のプロ野球選手も大変ですね・・・。

余談ですが、チームメイトの丸選手は「菊池はあと15年は(結婚を)しないでほしい」と冗談で言っていました。

菊池涼介のプロフィールと経歴

出身地:東京都東大和市

生年月日:1990年3月11日

身長:171 cm

体重:72 kg

投球・打席:右投右打

ポジション:二塁手

プロ入り:2011年 ドラフト2位

初出場:2012年6月30日

年俸:1億9,000万円(2018年)

高校:武蔵工業大学第二高等学校

大学:中京学院大学

2011年、ドラフト会議で2巡目指名をうけてプロ入り。
2012年は二軍で開幕を迎えたが、徐々に首脳陣に評価され、途中から1軍に定着し二塁手のレギュラーに定着していった。
2013年は開幕から二塁手のレギュラーに定着。セリーグ一位の50犠打を記録し、東出がもっていたチームのシーズン記録(49犠打)を上回った。
2014年、1軍全144試合に出場。打率も.325と飛躍の年となった。また、20試合連続安打を1シーズンに二度記録した史上3人目の選手に。
2015年、日本代表に選出。2年連続で1軍全試合に出場。
2016年、自身初の打撃タイトル最多安打を獲得。25年ぶりのリーグ優勝。
2017年、WBCにて全試合に出場。リーグ2連覇に貢献。
2018年、リーグ3連覇。ファイナルステージMVPを獲得。

スポンサーリンク

菊池涼介の中学高校時代も野球に捧げる!

菊池涼介選手は今でこそ広島カープで活躍され人気を得ていますが、プロ野球選手としては身体が小さい方でかなり苦労されてきたといいます。

菊池涼介選手の出身は東京都東大和市で、中学校の野球の部活に入るのではなく、地元のクラブチーム「東大和シニア」で硬式の野球をしていました。中学校の部活は軟式野球が主ですので、本当に甲子園目を指してる生徒は中学から硬式野球をやるパターンはよく聞きます。

菊池涼介選手は野球留学で地元を離れ長野県の武蔵野工業大学第二高等学校に進みます。武蔵野工業大学第二高等学校は2011年甲子園出場を果たしますが、菊池涼介選手は出場しておらずちょっと驚きです。高校時代に目立たなかった菊池涼介選手は大学からのスカウトもなかったといいます。

菊池涼介選手の実家の経済状況から大学進学してもアルバイトしなくては学費を払えず、スポーツ強豪校ではアルバイトが禁止されていることが多いため進学校を選ぶのにかなり苦労したようです。そこで選んだ大学が「中京学院大学」、実は高校の時の監督がかなり熱心に売り込んでくれての進学だったようです。菊池涼介選手の努力が認められ監督が動いてくれたのでしょう。菊池涼介選手が一生懸命練習し、高校時代野球に捧げた結果の表れですね。

菊池涼介忍者呼ばわり?

高校まではあまり目立たなかった菊池涼介選手ですが、大学から花を咲かせます。

菊池涼介選手といえば守備が一番に浮かびますが、大学では小柄な身体からは考えられないほどのパンチのあるバッティングで認められるようになります。あまりの飛距離に子供が大学の近くを通る時間は危ないと練習をさせてもらえなかったというエピソードもあるくらいです。

菊池涼介選手の実力を見つけたのは広島カープの松本有史さんですが、菊池涼介さんのことを「忍者だと思いました. . . . . .センター前に抜ける当たりを飛びついて捕球し、膝をついたままファーストに矢のような送球. . . . . .走塁でもジャンプしてタッチをかいくぐったりと予想を超えるプレーをしていた。8年間スカウトをしていて、プレーを見て鳥肌が立ったのは菊池が初めてだった」と絶賛されています。

スポンサーリンク

菊池涼介の年俸2019はいくら?結婚発表は彼女のプリクラが!のまとめ

今回は、広島カープで3連覇に貢献し、年俸が2億円を超えた二塁手の菊池涼介選手についてまとめてみました。
最近打率が不調気味ですので、ファンの方は心配されているかと思いますが、早く打撃が復活し、広島カープの日本一を達成できるといいですね。

また、美女との多くのウワサが流れているモテモテ(?)の菊池涼介選手。早く本当に結婚発表が聞ける日がくるといいですね。

スポンサーリンク