スポンサーリンク

【4マリ】4分間のマリーゴールド8話のあらすじ・ネタバレ感想!母の味は塩むすび。横浜流星のモグモグが可愛い

4分間のマリーゴールド 4分間のマリーゴールド

福士蒼汰さん主演、菜々緒さんがヒロイン役の金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系/毎週金曜22時)の第7話が2019年11月29日にオンエアされました。今回は花巻家の母、理津がついに登場しました。母の料理として塩むすびをパクつく横浜流星さんのモグモグが話題となりました。

というわけで今回は「ドラマ 4分間のマリーゴールド8話のあらすじ・ネタバレ感想!母の味は塩むすび。横浜流星のモグモグが可愛い」について詳しく紹介致します。

【4マリ】4分間のマリーゴールド8話のあらすじとネタバレ!

『4分間のマリーゴールド』11/29(金) #8 沙羅に運命の日が迫る!! ついに運命を変える かすかな希望が!!【TBS】

運命の日が迫る中、寝る間も惜しんで絵を描き続けていた沙羅(菜々緒)が倒れ、病院に搬送される。命に別状はなかったが、あらためて気を引き締めるみこと(福士蒼汰)、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)だった。

ある日、仕事で海外を巡っていた花巻家の母・理津(麻生祐未)が帰国する。みことは、沙羅と結婚することを理津に報告。驚きながらも理津から祝福されるが、沙羅の死の運命のことは伝えることができない。沙羅は自ら理津に打ち明けようとするが…。

そんな中みことは、破水した妊婦の救急に駆けつける。原因不明の激痛に耐えながら「絶対にこの子を産みたい」と頑張る彼女に、手を合わせるみこと。しかし、このまま彼女が死んでしまうという最期のビジョンを視てしまい…

【4マリ】4分間のマリーゴールド8話でわかったこと。

  • 沙羅の体は疲労で命には別条はなかった。
  • 母親の理津が花巻家に久々に還ってきた。
  • 理津にみことと沙羅の結婚を伝えた。
  • 沙羅は自分が死ぬ運命にあることを、理津に言い出せない。
  • 変わりにみことが理津に沙羅の死ぬ運命を話す
  • 理津は自分が死ぬことで羅の運命を変えようと試みる
  • 理津はモロッコへと旅立つ
  • みことは、強い気持ちが運命を変えるかもしれないと思った

【4マリ】4分間のマリーゴールド8話の感想と見どころ!母の味は塩むすび。横浜流星のモグモグが可愛い

前回、沙羅が突然倒れてとまったというラストだったので、今回どうなっちゃうの?と気になってしまいました。運命の日が近ずいてきたことにより、沙羅の体調に何か異変が起こりはじめたのか?と思いきや、過労による問題ということで命に別状はなくホッとしましたね。

このドラマは、どちらかというと、暗い部分より明るい部分のほうが割合的に多くて、花巻家の生活ぶりを見ていると、それだけで癒されてしまうのです。こんな花巻家に遊びに行ってみたいなと思うほど、人を惹きつけるようなそんな空気があります。

そして、今回これまで会話の中と写真でしか出てこなかった母親の理津が登場しましたね。

お母さんとしては、普通に考えるとぶっ飛んでいるお母さんですね。普通ではありえない活発なお母さんです。そんな感覚が、娘の沙羅にそっくりですね。

こんなお母さん、見ている分にはいいのですが、実際に自分の母親となったら、子供としては実際、大変なのかもしれませんね。
その変わり、廉兄が皆にとっての親代わりをずっとやってきたんですね。

だからこそ、廉兄は理津に対しては、それなりの不平不満があるのも頷けます。まぁ、そんな廉兄がいて、子供達を信頼しているからこそ、理津は好きな写真に打ち込めるのでしょうが。

今回、見ていて思ったのは、この理津という母親に対しての子供達の在り方と関係は特別なものだったんだなと思いました。
素敵な親子関係だなと思いました。

朝、理津が子供達の為に作った、シンプルな塩むすびが、とっても美味しそうでしたね。藍を演じる横浜流星さんのモグモグタイムが可愛いと話題となりました。

しかし、花巻家での藍は本当に高校生にしか見えないんで凄いですね。

やはり、普段は離れて暮らしていても親子であることは間違いなく、家族によってそれぞれのスタイルがあるんですね。
理津の人生は、写真であり沙羅の人生は絵なんですね。

理津の登場は、果たして今回の一回だけとなるのでしょうか。気になります。最終回までにまた登場してほしいですね。

理津を演じた麻生祐未さんですが、かつてはトレンディドラマなどに出演されていた綺麗な方だったんですが、お母さん役がすっかり似合うようになったんですね。

【4マリ】4分間のマリーゴールドの今後の予想

『4分間のマリーゴールド』12/6(金) #9 それぞれの恋の行方…絆を深めていく2人【TBS】

沙羅の体調に変化が現れた回かと思いましたが、今のところ体調は大丈夫ということでしたが、本当に問題ないのでしょうか?
これは、ただの予兆だったのか?

来週はいよいよ、廉兄と藍の恋愛が進展するようですね。家族みんながハッピーになることを期待してます。花巻家は最初から最後まで、みんなそれぞれ苦労しながら仲良くやってきましたが、最後はやっぱりハッピーエンドで終わってほしいです。

次回では、みことの力がなくなっちゃうようですね。これはいったいどういうことなのでしょうか?何かの兆候なのかもしれません。
最終回で沙羅が亡くなっちゃうって可能性もありますが、このドラマがアンハッピーで終わってしまったら、意味がないような気がします。

最後はみことが沙羅の運命を変え、沙羅の命は助かり生き続けてほしいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はドラマ「4分間のマリーゴールド」8話のあらすじ、ネタバレや感想!母の味は塩むすび。横浜流星のモグモグが可愛いについてまとめてみました。

秋のドラマスタートから早いもので、既に8回が終わってしまいました。物語もいよいよ佳境となり増々目が離せなくなります。12月に入り、さらに盛り上がりを見せるでしょうね。