常盤貴子の旦那が不祥事を?子供はいるのか、不妊疑惑の真相も調査してみた。

常盤貴子 女優

2019年1月からスタートの日曜劇場で放送されるドラマ「グッドワイフ」の主演に抜擢された常盤貴子さん、同枠での主演は2000年1月期に放送された「ビューティフルライフ」以来の19年ぶりということで大変楽しみであります。そんな常盤貴子さんの旦那が不祥事を起こした、また不妊疑惑で子供がいない?それともいるの?と話題になっています。今回、常盤貴子の旦那が不祥事を?子供はいるのか、不妊疑惑の真相も調査してみた。について記事にしてみました。

スポンサーリンク

常盤貴子の旦那さんの長塚圭史のプロフィール

常盤貴子さんは2009年に結婚されていますが、旦那さんは俳優の長塚圭史さんです。長塚圭史さんのプロフィールをwiki風に紹介します。

長塚圭史(ながつかけいし)さんは、1975年5月9日生まれの現在43歳、東京都出身、俳優のほかに演出家・劇作家・ナレーターと幅広く活躍されています。父親は俳優の長塚京三さんですが、幼少の頃に両親が離婚されているため、離婚後父親とは暮らしていないようです。学歴は東京都立戸山高等学校を経て早稲田大学第二文学部演劇専修卒業されています。

2004年「はたらくおとこ」の作・演出、及び「ピローマン」の演出で朝日舞台芸術賞と芸術選奨新人賞を受賞、俳優としては「tokyo.sora」で高崎映画祭新人男優賞を受賞されています。2008年の9月より1年間文化庁・新進芸術家海外留学制度でイギリスに留学されていることもあり、俳優としてより演出家としての活動が多いようです。

常盤貴子のプロフィールと生い立ち、学生時代は?

常盤貴子(ときわたかこ)さんは1972年4月30日生まれの現在46歳、神奈川県出身の女優で、所属事務所はスターダストプロモーションです。身長162cm、体重は非公開、血液型A型。横浜に生まれましたが、父親の仕事の都合で小学校4年より兵庫県西宮に転居し西宮市立春風小学校、西宮市立上甲子園中学校、西宮東高等学校、同地で高校1年まで過ごし関東に戻られます。大学は関東学院女子短期大学を卒業されています。

芸能界に入るきっかけはスカウトやオーデションでもなく自身で事務所に売り込みに行ったことでした。はじめの1年くらいは路上イベントの司会、ドラマのちょい役でなかなか芽が出なかったと言います。そんな中、1993年フジテレビのドラマ「悪魔のKISS」に主演、このドラマから名を知られるようになります。

スポンサーリンク

常盤貴子の不祥事ってなに?その後は?

ネットで検索致しますと、常盤貴子の旦那、不祥事、子供、いる、不妊と上がってきますが、常盤貴子さんの不祥事とは一体何でしょうか?

常盤貴子さんの旦那の不祥事とは女優、真木よう子さんとの不倫疑惑でした。長塚圭史さんが真木よう子さんと深夜にデートしているところを週間フライデーが捉え掲載したことで世間に知られることとなります。

その時点で真木よう子さんは片山怜雄さんと結婚されていていたのでW不倫となりますが、真木よう子さんはこの報道の2ヶ月後に離婚されています。真木よう子さんの離婚で、常盤貴子さんと長塚圭史さんの離婚や別居の噂も出ましたが、離婚はされていません。

常盤貴子と長塚圭史の現在と馴れ初めは?

常盤貴子さんの旦那が不祥事、不倫が原因で不妊、子供はいると噂になっていますが、旦那の長塚圭史さんとの馴れ初めは?また現在のお二人について調べてみました。

常盤貴子さんが長塚圭史さんと出会われたのは2003年に映画「ゲロッパ!」での共演がきっかけでした。もともと演劇のファンだった常盤貴子さんが当時、若手演出家として有名だった長塚圭史さんに興味をもったようです。いつからお付き合いされるようになったかはっきりとはわかりませんでしたが、どうやら2005年あたりではないかと言われています。

お二人の現在ですが、真木よう子さんの不倫騒動で一時期は不仲説が囁かれていましたが、離婚はされておらず、別れるどころか都内で二人切りで仲良く乾杯している様子を目撃されています。その後もメディアからは二人の仲が良いという情報しか入ってきませんでした。

スポンサーリンク

常盤貴子に子供がいない理由は?不妊疑惑の真相は?

常盤貴子さんので旦那が不祥事で子供がいないと不妊疑惑の噂を耳にしますが、本当の真相は?

結論から言いますと常盤貴子さんと長塚圭史さんの間には子供はいません。結婚した当初常盤貴子さんは37歳くらいと歳の面でも色々問題はあるでしょうが、不妊治療をしているなどの情報はありませんでした。お互いに仕事が忙しいこともあったりでタイミングが合わないのかもしれません。

最近は40代後半で初めて出産という話も稀に聞きますし、まだまだ望みはあると思います。

常盤貴子は連ドラ女王

1990年代から多くのテレビドラマに出演していた常盤貴子さんですが、1996年春より1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役クラスを務め、全てが大ヒットとなり「連ドラの女王」と呼ばれるようになります。

1993年の「悪魔のKISS」での女子大生の役でバストトップをあらわにした体当たりの演技で世間を注目させ、翌年の1994年秋のTBS系ドラマ「私の運命」で不倫と純愛をさまよう看護師役、さらに1995年夏のTBS系ドラマ「愛してると言ってくれ」では耳の不自由な青年画家(豊川悦二さん)との恋人役を演じられますがこれも大ヒットドラマとなります。2000年冬に主演した「ビューティフルライフ」も平均視聴率30%を超え大ヒット、ドラマの影響で「車椅子常盤貴子モデル」も登場したくらいです。

また世界の映画俳優との共演で連ドラの世界各国での放送により中国、東南アジアでも知られるようになります。30代に入ってからはドラマから映画・舞台へと活動の拠点を変えています。

スポンサーリンク

常盤貴子のヌーディー画像とは?

常盤貴子さんは、1990年代数々のドラマに出演され、確実な人気を得て大物女優としての地位を獲得、主演するドラマはどれも大ヒットですが、常盤貴子と検索しますと「ヌーディ」とキーワードが出てきます。

彼女がヌーディと言われている理由は、常盤貴子さんの主演ドラマ「悪魔のKISS」で今では考えられない、バストトップを見せた濡れ場シーンがあったからです。当時も世間を騒がせたと思いますが、それよりその後「連ドラ女王」と言われ、大物女優として認められるようになってからがとくに波紋を呼びました。ネットで検索しますと数は少ないですが、今でもその画像が出てきます。当時の常盤貴子さんは21歳位だと思いますが、その妖艶な演技は見ている視聴者を釘付けにしました。

所属事務所が、「悪魔のKISS」の版権を買い取ったそうで、再放送や、DVD発売などはなく、今では、見ることのできないドラマとなっています。

常盤貴子の旦那が不祥事を?子供はいるのか、不妊疑惑の真相も調査してみた。のまとめ

今回は、「常盤貴子の旦那が不祥事を?子供はいるのか、不妊疑惑の真相も調査してみた。」について書いて参りました。

記事を書いていて昔見ていた1990年代のドラマを思い出し、懐かしくなりました。最近は40代から50代の女優さんが主となるドラマが多く放映されていますが、綺麗だけど歳とったなぁとか老けたよねぇとか感じます。しかし常盤貴子さんはあの頃と全く変わらずお綺麗で、いつまでもお若い!このかたは歳のとり方を忘れておられるのではとさえ思ってしまいます。

19年ぶりのTBS系看板連ドラ主演に「やる気に燃えています」と意欲を見せている常盤貴子さんの演技が大変楽しみであります。

スポンサーリンク