スポンサーリンク

池江璃花子が白血病で引退か?症状や完治、復帰はいつ?

池江璃花子 スポーツ

2019年2月12日、衝撃のニュースが飛び込んできました。日本水泳会のエース、池江璃花子選手が、自らのツイッターで白血病であることを報告されました。白血病、よく聞く病名ですが症状や完治の可能性はあるのでしょうか?また競技に復帰はいつになるのでしょうか?今回は、池江璃花子が白血病で引退か?症状や完治、復帰はいつ?について書いてみました。

スポンサーリンク

池江璃花子が白血病を発表

遠征先のオーストラリアで、肩で息をするほどの疲労感による体調不良のため。急遽、予定を繰り上げて帰国、病院での検査の結果、白血病と診断されたようです。ご自身も混乱してると記載されてますね。しばらくは、治療に専念のため競技も休養とのこと、しっかり養生されるといいですね。

スポンサーリンク

池江璃花子の白血病の症状は?

白血病というのは急性と慢性があるのですが、池江璃花子選手の場合、急性白血病かと思われます。

症状としては、健康時には問題ない病原体に感染しやすく、発熱等がおきても通常より長引く、重症になる可能性があるそうです。そのため、無菌室で感染をしないような空間で治療するのですね。

その他の症状としては、貧血が進むので、めまい、動悸、息切れ、慢性の疲労感、血色不良、出血しやすくなり止血しにくくなります。

池江璃花子の白血病の完治は?

かっては、生存率の低かった血液のがん、白血病ですが、最近では治療方法も急速に進化していて、若年層の白血病の70%以上が治るといいます。

体力のある池江璃花子選手なら、抗がん剤の副作用にも耐えるのではないでしょうか?実際プロ野球選手やサッカー選手でも白血病から復帰した選手もいるそうです。

スポンサーリンク

池江璃花子の白血病で引退もある?

日本中のみなさんが、復活を望んでるとは思いますが、引退の可能性も無いわけではありません。若く体力がある反面、若いと病気の進行も早いからです。70%が完治と言われてますが、完治と言っても短期間では難しいでしょう。

来年の2020年東京オリンピックには、おそらく間に合わないことでしょう。その時点で19歳。その4年後となると23歳です。アスリートの23歳というと、引退も視野に入る年齢です。治療が長引いた場合、引退もあるかもしれません。

池江璃花子の白血病にネットの声は?

https://twitter.com/mewmogmog/status/1095203282560024576?s=20

 

 

コメント