スポンサーリンク

梅宮辰夫の現在の住まい別荘は真鶴のどこ?がんの余命やステージも調べてみた!

梅宮辰夫 俳優

6度目のがん闘病、そして人工透析を必要とする身になった俳優“辰兄”こと梅宮辰夫さんの激やせぶりが話題になっています。また「生前整理」で東京都内の自宅を売却し住まいを変え、現在は舞鶴にある別荘で妻のクラウディアさん、愛犬3匹と暮らしていると言います。そこで今回は「梅宮辰夫の現在の住まい別荘は真鶴のどこ?がんの余命やステージも調べてみた。」について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

梅宮辰夫が生前整理で自宅売却?

梅宮辰夫さんの娘でタレントの梅宮アンナさんが、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」で父親の梅宮辰夫さんが生前整理として東京都内の一等地にあった、自宅を売却したことを明かされました。

3億円とも言われた都内の自宅は2018年の5月に売却、このことを娘のアンナさんは、

「生前整理ということになるけれども、家が大きいので私は維持するのは大変。東京の家を売ることになった」

と明かされ、またアンナさんにとってはずっと育った場所ということもあり、「悲しかった」という自宅への思い入れが強かったと言います。

家が大きいというのは両親が使うお風呂場がありアンナさんが使うお風呂場が別にある、またテレビは至るところに置いてあり10台はあるのだそう。

キッチンに関しては、梅宮辰夫さんと妻のクラウディアさんの食べ物が違うということで別々に二つあったそうです。

スポンサーリンク

梅宮辰夫の現在の住まいは?

梅宮辰夫さんが自宅を売却ということで、現在はどちらにお住まいなのでしょうか?

梅宮辰夫さんは都内の自宅を売却し東京から完全に撤退、現在は妻のクラウディアさんと一緒に神奈川県内海沿いの温泉地にある別荘に生活拠点を移しています。

時々は娘のアンナさんも訪れているようですよ。

東京の中でも屈指の高級住宅街である渋谷区松濤にあった自宅を売却し、舞鶴の別荘に移住したことで、梅宮辰夫さんの病状があまり良くなく、悪化しているためではないかと言われています。

生前整理をするには色々な理由があると思いますが、なかには病気が悪くあまり病状が良くない状態で死去が近い場合に決断する方も多いと聞きます。(実際、私の母親もそうでした!)

梅宮辰夫の真鶴の別荘はどこ?

以前娘のアンナさんが情報番組に出演された際、梅宮辰夫さんが神奈川県の舞鶴・湯河原近くに家を所有していることを話されています。

舞鶴や湯河原といえば海沿いで温泉もあるという大変良い場所なので、暮らしやすい場所であるといいますよね。画像などで拝見しただけでも住みやすい所であることがよくわかります。

梅宮辰夫さんはかなり病状が悪く、また病気の影響なのか腰痛がひどく長い距離を歩けなくなっているようで、現在は歩行補助器を使用しているようです。

たしか同志というような盟友である俳優の葬儀に出席された際も、歩行器のようなものを使われていました。

スポンサーリンク

梅宮辰夫のプロフィールと経歴

ここでは梅宮辰夫さんのプロフィールと簡単な経歴を紹介致します。

梅宮辰夫(うめみやたつお)さんは、

  • 生年月日:1938年3月11日(現在81歳)
  • 出身地:満州国ハルビン特別市
  • 血液型:A型
  • 身長:174cm

早稲田高等学校卒業後、大学在学中に銀座でスカウトされたことがきっかけとなり、1958年に東映ニューフェイス5期生として東映に入社しました。

翌年には早くも映画「少年探偵団 敵は原子潜航艇」シリーズで主演デビューを果たすなど、新人時代から東映を代表する2枚目俳優として多くの映画で主演を務められています。

1968年から主演を務めた映画「不良番長シリーズ」はかなりの好評を呼び、梅宮辰夫さんの代表作にもなりました。

梅宮辰夫の6度のがん

梅宮辰夫さんは今から45年ほど前の1974年に病気になり、睾丸にがんが見つかりました。当時30代半ばだった梅宮辰夫さんはそのがんが左肺に転移したようです。

当時の治療としては抗がん剤などを使用する化学療法をし、また睾丸の一部を切除するも手術はされていないようです。その後病気は回復し仕事も継続されましたが、2012年頃に初期の胃がんが見つかりました。

その時はまた同時に、「高血圧」「肺炎」「心不全」「高脂血症」「腎不全」「糖尿病」「狭心症」「心房細胞」の合併症があり、あちこちに負担がかかっていることがわかりました。

2016年にも胃や十二指腸にがんが見つかり、その時は胆嚢と膵臓・胃の一部を切除するために12時間の手術をしたそうです。

そして2018年の9月に前立腺がん、2019年1月には左腎盂尿管がんの手術を受けたことがわかりました。この時の手術で腎臓をひとつ摘出した梅宮辰夫さんは、週3回毎日4時間の人工透析を受けるようになったそうです。

スポンサーリンク

梅宮辰夫のがんとステージ余命は?

昭和の大スターとして映画やドラマで大活躍されていた梅宮辰夫さんですが、現在は激やせし怖いなどと話題になっています。また病状が酷く余命がわずかであるという噂までも浮上していますが、その真相は?

体型も恵まれ、ふくよかな顔立ちだった梅宮辰夫さんの様子が一変したのは、2016年の11月に見つかった十二指腸がんで、その時のがんのステージはⅠ〜Ⅱの間であると言われていました。

その時は早期発見ということで手術は成功、術後は医師が驚くくらいの経過は良好で、家では普通に料理を作って食べられていたそうです。

ですがテレビ出演の回数が激減したこと、術後も表情が冴えないこと、体重が戻っていないことなどが原因で梅宮辰夫死去説まで出現!

そして生前整理として自宅を売却し、舞鶴の別荘に移住したことにより病状は良くないのでは?という噂となりました。

また、娘のアンナさんは2017年の9月に自信のブログで、過去に梅宮辰夫さんが肺がんで余命宣告をされていたことを明かされています。

「今から42年前に、父は余命3ヶ月の肺がんを患った。私が満1歳の時でした。」

梅宮辰夫ががんで激ヤセ!

梅宮辰夫さんの現在は病気の影響で激やせをしていると話題になっています。

梅宮辰夫さんは2018年の5月と12月に出演したテレビ番組でその激やせしたお姿を見られています。そのお姿から見ますと、病状としてはあまり良くないのではないかと言われたりもしています。

梅宮辰夫さんは2016年に十二指腸乳頭がんが見つかり外科手術を受けられましたが、その手術後体重が10kg以上痩せられたそうです。そのまま治療は続けられるも、「この辺りから激やせしたのでは?」と言われています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「梅宮辰夫の現在の住まい別荘は真鶴のどこ?がんの余命やステージも調べてみた。」について調査致しました。

壮絶ながん闘病を繰り返しながらも、強面を持ち続けられた梅宮辰夫さんの功績は計り知れないものがあります。現在は人工透析とかなり体力が落ちておられると思いますが、これからは無理することなく、少しでも長く家族との大切な時間を過ごして欲しいと思います。