雅子様の病気はディスチミア症候群?病気の原因も調査してみた

雅子様の病気 皇室

いよいよ平成も終わりとなり新たな時代を迎えます。そんな中、最近では皇族に関する話題も多いのですが、気になるのは、雅子様の事です。一説には病気だとも言われています。その病名は、ディスチミア症候群だとも言われています。病気の原因などは、いったいなんなのでしょうか?そんなわけで、今回は、「雅子様の病気はディスチミア症候群?病気の原因も調査してみた」について調べてみました。

スポンサーリンク

雅子様は、天皇陛下が生前退位後どうなる?

来年には、いよいよ平成も終わり、新しい元号となります、これは、天皇陛下が生前退位のご意向を表明されたことによります。これまで、我が国日本では生前退位はありませんでした。まぁ、これも時代の流れに合わせた正しい判断と言えるでしょう。

そんなると、必然的に雅子様が皇后になられる?ということになりますが、どうやらこれに問題があるようなんです。生前退位というのは、おいそれと簡単にできるわけではなく、法改正とか、何やら色々国のああでもないこうでもない考え、いろいろと手続きをし、段取りをふんで行うということなんです。

まぁ、歴史に残ることですからね。それなりにやることは、山ほどあるわけですよ。天皇自身もよくよく考えて決められたことだとは思います。

生前退位を行うと、とにかくいろんな人が動き、いろいろと変わるわけなんですが、何があっても国のシンボルが交代となるわけですよ。

皇太子は天皇に、そして雅子様は、皇后になられるんです。しかし、雅子様は、病気がちということで、何かと心配のタネがあるわけですよ。果たして新時代の皇室は大丈夫なんでしょうかね。
今から不安ですね。

雅子様は適応障害?

雅子様の体調に関しては、以前よりいろいろと報道され国民としても心配なところではあります。しかしながら、現在では回復傾向に向かっていることも事実です。医師団の見解によれば、まだ不安定な状態ではあるようです。

そこで気になるのは、やはり雅子様の病気ですね。適応障害とも言われています。まぁ、つまり自分がその場や役割に違和感を感じると負担になるようです。そうであるならば、日常生活の中でもストレスは相当なものでしょう。

その為、抗うつ剤を服用している可能性も高いとも言われています。この薬と併用して調子が悪いときは「精神安定剤」を使っているんだとか。「精神安定剤」は不安を鎮め、自律神経を安定させる薬なんですが、それほどまでな状態というわけですね。

雅子様の場合は、これまでも、ご公務をお休みされることは、度々ありました。そんな状態で、皇后となった際には、ご公務がままならないようでは不安はこの先もぬぐえませんね。

次のポストは天皇と皇后なのですから、しっかりしてもらわねば困りますね。とは言え、病気であれば仕方ありません。

スポンサーリンク

雅子様が美智子様に叱られた?

この先、雅子様が皇后になれた場合、頭を抱えるのが美智子様ですね。そんな中、週刊文春が
「美智子様が雅子様を叱った」という記事が掲載され話題となりました。

皇室に向けても文春砲を放つ、文春は、凄いですよね。この記事によると天皇誕生日の「お祝い御膳」の際、美智子様が雅子様を別室で説教をしたというもことです。

美智子様が病気の状態などを雅子様に確認し、その上で軽い公務ならできるだけ行っていほしいと諭したようです。

雅子様の体調不良による公務のお休みは、今から遡ること18年前からとなります。これだけ長い期間精神的なことに悩まされてきたのです。体調不良や病気ということですから、無理じいするわけにもいかず、デリケートな問題でもあります。

こんな状況では美智子様が心配なさるのも理解できます。一般人なら嫁・姑問題で済むんですが。

雅子様は紀子様と確執が?

皇室だけに表面だっての関係性はわかりませんが、いろいろあるのは間違いないでしょう。気になるのは、紀子様との関係ですが、何やらこの二人には確執があるのではないかと言われています。

確執がささやかれるようになったのは、2011年頃からです。きっかけは天皇陛下の体調不良による入院によるお見舞いの順番がどうのこうのとかだとか。

この時、紀子様は大人の対応したことで、特に何事にもならなかったようですが、皇室でも親族、親戚関係は、小さい問題でも何かと厄介なことが多いですね。

スポンサーリンク

雅子様の病名は? ディスチミア症候群?

雅子様は、公務によるストレスからか、精神的な病気になって暫く経ちますが、その病名はいったい何なのでしょうか?噂されているのは、実は適応障害ではなく、「ディスチミア症候群」とも囁かれています。あまり、聞きなれない症状ですが、どのような病気なんでしょうか。

ディスチミア症候群。わかりやすく言えばうつ病の一種ですね。実はうつ病にも種類があるんです。
1つはメランコリー親和型うつ病もう一つが、ディスチミア親和型うつ病です。

この2つの種類の意味は次のようになります。

・メランコリー親和型
「自分が悪い」という自責の思いが強いのが特徴。

・ディスチミア親和型
「責任は自分にはなく他人が悪い」という感情が強いのが特徴。

どちらも、うつ病には違いありませんが、根本的な原因が違いますね。ちなみにディスチミア症候群は新型うつとも言われ現代人に多いのです。その為、伝統を重んじる皇室体質は、雅子様には肌に合わなかったのかもしれませんね。

雅子様に浪費癖?

ディスチミア症候群と噂される雅子様には、実は浪費癖もあるなんて噂されています。

このことは、ディズニーランド貸し切りから囁かれました。さすがに皇族となると一般人に混じって遊ぶことはできないので、2006年にディズニーランドを貸し切りにしました。

単に貸し切りにしただけではなく、私服警官1000人動員というド派手な厳戒体制となったのです。ディズニーランド1日貸し切りで、なんと3000万円!庶民にはかんがえられません。

実はこの貸し切りは、ディズニーランドだけではなく、他には、プール、スケートリンク、那須のホテル、船、ゲレンなどプライベートではかなり浪費しています。これを聞くと皇室がいかに、守られているかがわかりますよね。

病気の為、公務ができないというのなら、プライベートでの権力の使い方も考えてほしいものですね。ディスチミア症候群は、ある種「わがまま病」。しかし、「病気」という盾がある限り、対応も微妙にならざるをえません。

スポンサーリンク

雅子様、公務が無理?

長年に渡り、雅子様は、公務を中止したりすることは周知の事実です。ドタキャンに近いこともこれまでありました。

病気による体調不良はどうしようもありませんが、日本の象徴としては、存在を国民に示すのが仕事なわけですから、それができないのでは、存在自体に疑問を感じます。

実際に、皇后になるわけですから、この先、公務ができるのか心配です。

雅子様の病気の原因は?

実際のところ、雅子様が本当にディスチミア症候群なのかは不明です。正式にも発表されているわけでもありません。病気の原因としては、ずばりストレスですね。

結果的に長い間悩まれることになってしまいましたが、やはり、今でも自分の存在と価値観、環境とにどこかアンマッチな部分を抱えているのではないのでしょうか。

一見単なるわがままと、とられることもありますが、心問題だけに難しいものがありますね。

スポンサーリンク

雅子様のプロフィール(4/5追記)

雅子様に密着する前にまずは雅子様のプロフィールを紹介していきます。

皇太子徳仁親王妃雅子(こうたいしなるひとしんのうひまさこ)様は、

  • 生年月日:1963年12月9日
  • 年齢:55歳(2019年4月現在)
  • 続柄:小和田恒第1子
  • 全名:雅子
  • 身位:皇太子妃・親王妃(皇太親王妃)
  • 敬称:殿下
  • お印:ハマナス

父親は元外交官で現在は国際司法裁判所判事の小和田恒さんです。母親は水俣病を引き起こした「チッソ」元会長の江頭豊さんの長女の優美子さんです。

雅子様は父親の仕事の関係で幼いころから海外生活が長く、小学・中学校時代は日本でほとんど過ごされるも、高校・大学時代は海外で過ごされています。

学力についてですが非常に優秀な方で、高校ではアメリカ政府から優秀な生徒に送られるという「ナショナル・オーナー・ソサイティー」を、ハーバード大学では国際経済学を専攻し、優秀な生徒に送られる「マグナ・クム・ラウデ」を受賞されています。

雅子様と皇太子様の馴れ初めは?(4/5追記)

皇太子様と雅子様は1993年の6月に結婚されましたが、お二人の馴れ初めが気になります。

お二人の出会いはと言いますと、結婚の6〜7年前に遡るようです。次期天皇の血筋である皇太子様は御年14歳くらいからお妃候補の報道がされていました。様々な候補のなか元外交官の中川融さんが小和田家の雅子様を紹介されました。

初めてお会いされたのは、1986年10月18日の東宮御所におけるスペイン・エレナ王女の歓迎セプションパーティーでした。その後は何度か食事会などでお互い仲を深めていくも、雅子様の母親の家系に水俣病を引き起こした原因企業「チッソ」の会長がいたこともあって、話は一度流れる形になります。

ですが雅子様への想いが断ち切れなかった皇太子様が、1992年10月に再びプロポーズされ12月に受け入られることとなります。その後は1993年の年初めに婚約報道があり、同年4月には婚約・6月9日に結婚の儀が行われました。

スポンサーリンク

雅子様と皇太子様の結婚、その後は?(4/5追記)

今でも思い出しますが、結婚の儀・結婚パレードで見た雅子様は本当にお綺麗で、十二単姿はまるで雛人形のよう!ドレス姿はシンデレラのようにディズニーの映画から出てこられたかのようでした。(とてもティアラが似合っておられました)

結婚パレードは4.25kmの道のりを約30分程度走られましたが、沿道には約20万人もの人々が駆けつけ結婚を祝っています。

皇太子様と雅子様は2013年には結婚20周年を迎え、2019年現在では26周年を迎えられています。お二人の仲は非常に仲がよろしいようで、お出かけの時なども後ろで聞いていると、雅子様は皇太子様に「〜だよね」といったふうにとてもリラックスして話されているとか。

何かと病気に関して言われることもありますが、皇太子様は現在も雅子様に寄り添って歩まれているのではないでしょうか?

雅子様の病気はディスチミア症候群?病気の原因も調査してみた。のまとめ

いかがだったでしょうか。今回は、時代が変わる時に合わせて雅子様の病気は、ディスチミア症候群?そして病気の原因は何?など、いろいろと調査してみました。

まぁ、お国ごとだけに何かと大変ではありますが、雅子様には病気に負けず、国民にどうか元気を与えるように頑張ってほしいものです。