スポンサーリンク

高山市立日枝中学校剣道部の暴言顧問教師は誰?名前や顔は?厳重注意は甘いの声!

ニュース

今年3月岐阜県の中学校で剣道部の顧問を務める男性教諭が、部活動の指導中に男子生徒に鼓膜を傷つけるけがを負わせたのにかかわらず校長に報告を怠っていました。

 

また別の日の指導では「もう片方の耳を聞こえなくするぞ」といった暴言を浴びせていたことも分かっています。

 

そこで今回は「中学校剣道部の教師 が生徒の鼓膜にケガさせ「もう片方も聞こえなくするぞ」と暴言継続!中学校や教師の名前は?」について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

中学校剣道部の教師 が生徒の鼓膜にケガさせ「もう片方も聞こえなくするぞ」と暴言継続!の概要は?

まずは中学校剣道部の教師 が生徒の鼓膜にケガさせ「もう片方も聞こえなくするぞ」と暴言継続!の概要について紹介していきます。

 

中学校で剣道部の顧問の男性教師が稽古中、男子生徒に鼓膜に傷がつくケガをさせた上「もう片方も聞こえないようにしてやるぞ」などと暴言を浴びせていました。
岐阜県の高山市教育委員会によりますと、今年3月、市立日枝中学校で剣道部の顧問の男性教師(31)が稽古中に当時2年の男子生徒に面を打ったところ、竹刀が生徒の左側頭部に当たりました。
男子生徒は左の鼓膜に傷がつくケガをし後日、男性教師は「もう片方も聞こえないようにしてやるぞ」という趣旨の暴言を浴びせたということです。
男性教師は男子生徒のケガについて校長に報告せず、市教委は外部からの指摘で一連の事案を把握したということです。
市教委の聞き取りに対し男性教師は「ケガをした生徒に申し訳ない」と話していて、退職はせず剣道部の顧問も続けるということです。
市教委は校長への報告を怠ったことや行き過ぎた指導について男性教師を口頭で厳重注意しています。

引用:東海テレビ

 

教育委員会によりますと高山市立日枝中学校で、剣道部の顧問を務める31歳の男性教諭はことし3月男子生徒との稽古の際に竹刀が強く当たり、鼓膜を傷つけるけがを負わせたにかかわらず校長などに報告を怠っていたようです。

 

またその後も4月から5月にかけて同じ生徒に「もう片方の耳を聞こえなくするぞ」といった暴言を浴びせていたといいます。

 

じつは男性教諭はほかの生徒に対しても「あほ」や「ばか」といったような発言をしていたということもわかりました。

 

男性教諭は生徒や保護者に謝罪したものの、

「励ますつもりの発言だった。けがについては保護者が『練習中のことだから』と言っていたので、報告の必要はないと判断した」

と話しているということです。

スポンサーリンク

中学校剣道部の顧問教師 が生徒の鼓膜にケガさせ暴言継続!の中学校や教師の名前は?

ここからは中学校剣道部の顧問教師 が生徒の鼓膜にケガさせ暴言継続!の中学校や教師の名前などについて調べまとめていきます。

 

まず中学校についてですが、岐阜県高山市立日枝中学校であることがわかっています。

1947年(昭和22年)4月 に、高山市立第一中学校として開校した高山市立日枝中学校 (たかやましりつ ひえだちゅうがっこう)は、岐阜県高山市にある公立中学校で、山王小学校・花里小学校・江名子小学校などの児童が進学しています。

 

 

続きまして暴言を吐いた高山市立日枝中学校剣道部の顧問教師 の名前についてですが、今現在のところ名前は公表されておらずわかりませんでした。ただわかっていることは年齢が31歳であるということだけのようです。

スポンサーリンク

中学校剣道部の教師 が生徒の鼓膜にケガさせ「もう片方も聞こえなくするぞ」と暴言継続!のネットの声は?

  • 息子の中学の顧問は、罵声しかなく息子はそれでも頑張ってるけど、どこにでも居るのかね?
    三年生引退挨拶での一言「最初から罵声浴びせられ、三年間顧問に無視されてましたが、なんとか引退まで頑張りました。」っと
    できれば拡散させて解雇してやりたい、親心

  • 生徒に怪我させてごめんなさいで済むわけない。剣道部顧問続けるとかありえない。逮捕できないんですか?
  • 「もう片方も聞こえないようにしてやるぞ」→「生徒に申し訳ない」
    形だけ謝ってる感が半端ないっす先生。あと、どういう人かこれだけの記事じゃよくわからないからもっと長文書かせて
  • 部活動があるせいでまた無駄な犠牲者が出た。いじめや自殺。GDPをあげたいと国が言っても学校が足を引っ張る出来事ばかりで義務教育が馬鹿らしく見えてしまう。
  • 武道だから不慮の事故はあるにしても。報告もせず更に脅迫まがいな暴言。怪我負わせてひき逃げして、発覚したら居直るみたいな感じですか?こんな先生に指導されたくない。
  • 世間に発覚したから
    謝罪したのだろう
    こんな人が指導者とは生徒が気の毒だ
  • 孫が通っている高校の剣道部には、勝つために汚い手を使うよう生徒に強要する顧問教師がいる。また、近隣の中学の剣道部は汚い手を使うことが伝統的に受け継がれていて県内では悪名が高い。全部がそうではないにしても、表向きは礼節だの何のときれいごとを並べても裏で汚いことを奨励するところがあることも事実である。とんでも顧問は確かにいる。
  • 厳重注意はおかしい!

 

  • 極道教師恐るべし

  • こんな輩が「剣の道」を教えられますか?
    全国の剣士たちよ。
    人として・・・・
    教師として・・・
    剣道を教える立ち場の者として・・・

    「全てに失格」

    顧問を辞退し教員を辞め、教員免許を返納して・・・

    「別の道を探せ」

    愚か者。

  • 糞教師いらない。
  • 被害届出して傷害で逮捕です。
    懲戒解雇。
    生徒を傷つけて職務を継続することは、
    不可能です。
    非常識極まりない愚かな人物です。
    所轄警察がなめられてることになります。
    警察が名誉をかけて逮捕すべき事案です。
  • どの面下げて、今後も継続するのか。
  • 立派な暴行罪に脅迫罪ですが、そんな犯罪者が逮捕されず野放しなのも驚きだけど学校がその犯罪者を口頭注意だけで済ませて続行させてる事がまた驚き。あと何十人被害者が出たら解雇するんですかね?
  • 懲戒にもせず、顧問を続かさせる校長の気が知れない。校長の保身以外の何者でも無いな。自分の高校時代も、生徒をビンタして鼓膜を破った剣道部の顧問がいた。国士舘大出だったな。
  • 相変わらず身内には甘々だね
  • ニュースでは、退職せず続けると報じていました。
    起してしまった過ちを、この隠ぺいが明るみに出た以上、
    本人が出て釈明しないと保護者は納得しないだろうな。
  • 普通に剣道をしていて
    >男子生徒は左の鼓膜に傷がつくケガ
    のような事になる事はまずない。理由として剣道は 振り切る ような打ち方を基本的にしない。次の動作に繋げられないし、防具をつけていても痛い物は痛い。そういう振り方をする奴はド下手として馬鹿にされるし嫌われる。
    仮に 打たれた子が頭を傾けていたとしても 真っすぐに振り下ろしていれば 通常は流れて肩のあたりを強打する事になる。 つまり横からバットで殴り付けるような打ち方をした可能性が高い。剣道にそんな打ち方は無い。
    (技術を持っていれば斜めに振り下ろす時も真っすぐに振り上げ振り降ろす際に少し軌道を変える程度なのでそんな変な角度では当たらない)

    顧問としては 居てはならない存在だし自分のやった事がわざとであった事を認識していたので報告もしなかったのだろう。次の被害者が出ないうちに教師を辞めさせるべきだと思う

 
スポンサーリンク

まとめ

今回は「中学校剣道部の教師 が生徒の鼓膜にケガさせ「もう片方も聞こえなくするぞ」と暴言継続!中学校や教師の名前は?」について調べまとめてみました。

 

「もう片方も聞こえないようにしてやるぞ」といった暴言を吐いた時点で懲戒解雇するべきではないのか?と考えてしまいました。これでは反社会的勢力の脅しと一緒ではありませんか!

 

口頭で厳重注意って、教育の一貫とでも言いたいのか?こんな理屈がまかり通るのなら教育委員会側も体罰を認めているということになりますよ〜