スポンサーリンク

宮崎文夫が出頭しない理由は?過去のトラブルや当たり屋歴まとめ!

ニュース

2019年8月10日茨城県の常磐道であおり運転で、相手の運転手を停止させ顔を5発も殴る動画が投稿、宮崎文夫容疑者とガラケー女性の同乗者が指名手配されました。

 

そんな宮崎文夫容疑者が出頭しない理由がヤバイ!とか、過去トラブルありで当たり屋だった!など噂が飛び交っています。

 

そこで今回は「宮崎文夫が出頭しない理由は?過去のトラブルや当たり屋歴まとめ!」と題しまして情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

宮崎文夫が出頭しない理由は?

これだけの騒ぎになっているにもかかわらず、いまだ出頭しないで逃走を続けているのには理由があると思われます。

ここからは憶測となりますが、宮崎文夫が出頭しない理由が俗に言う「クスリ」つまり覚○剤などをやっている可能性のあるということです。

 

指名手配されて逃げれば情状酌量の余地もないのに、宮崎文夫容疑者が逃走続けているのは、理由がありますよね。

 

そこで理由の一つとして「クスリ例えば覚○剤を抜いている」ということです。覚○剤を体内から抜くのには、(人によって違いはありますが)おおよそ1週間から10日間かかると言われています。

宮崎文夫容疑者の常磐道あおり運転の犯行行動をみても、またインスタの投稿を拝見しても、なおかつ報道による周辺の方の証言を見ても、精神不安定者にしか考えられません。

 

全てを考慮すれば宮崎文夫容疑者は覚○剤等のクスリをやっているとなってしまうのです。クスリが体内にある状況で逮捕されればそれは動かぬ証拠ですから!

 

またテレビなどで宮崎文夫容疑者に前科があるのでは?という声も出ています。この話は手配されて初めから出てはいましたが、まだ確実な情報ではありません。

 

前科が過去にあれば逮捕されると即実刑となりますから、このことが事実であるのなら、本人もヤケクソとなって冷静さなんかないと思いますよ。

スポンサーリンク

宮崎文夫は精神疾患?過去のマンショントラブルで奇声!

一部で宮崎文夫容疑者はは精神疾患でないか?近隣トラブルも起こしていたなどの情報が上がっていました。

 

宮崎文夫容疑者に関して週刊文春の文春オンラインで、

「10年以上前までは、宮崎の親族の女性がオーナーでしたが、宮崎が相続したようです。以降は管理会社がコロコロ変わり、トラブルが続いて大変です。なぜか電気が停められてエレベーターが動かない日もあった。本人も奇声を上げたり、警察沙汰を起こしたり、近寄りがたい人でした。

何より迷惑だったのは、駐輪場として住民が使用していた1階の共有スペースに何の通達もなく自分の自家用車を置いていたこと。住民は自転車が置けなくなってしまった。オーナーなので文句も言えず、泣き寝入りするしかなかった」

というような記事公開していました。

 

過去起こしていたマンショントラブル情報の中で「奇声をあげる」と書かれていますが、このことから「精神的疾患」が原因だったのでは?と言われています。

スポンサーリンク

宮崎文夫の当たり屋歴まとめ!

宮崎文夫容疑者は最近のインスタにて「追突事故を起こされて車が壊れた」と投稿していました。

 

この車が追突事故に遭い壊れたのは6月!ということはこの車を修理し代わりに借りたBMWの代車であおり運転暴行事件を起こした可能性もでてくる訳です。

 

6月にて3回も追突されたってインスタに載っていたところから、どちらが悪いかは不明ですが、今回の事件の映像から判断いたしますと、宮崎文夫容疑者は「当たり屋稼業なのか?」と思えてきます。

過去にもあおり運転を行なってる可能性が大きくなり、今回の事件も茨城県だけでなく静岡県や愛知県でも同様の事件が発生していて、こちらも宮崎文夫容疑者の犯行であることは確実かと言われています。

 

つまり宮崎文夫容疑者はあおり運転の常習犯ではないかという見方が強まった訳ですね。

警察がどの手段で写真を入手したかについてはわかりませんがインスタなどで投稿されている写真とは別物!一部では「前科がありその際に撮ったもの」と言われています。

関連記事:常磐道BMW煽り運転犯人は宮崎文夫!顔画像あり!公開指名手配!

関連記事:宮崎文夫の顔画像と経歴やプロフィール、嫁は?不動産会社社長で宮崎プロパティマネジメント?

関連記事:煽り運転BMW犯人特定!40代男の逮捕状請求で返却に来たのは不動産会社の従業員?

関連記事:常磐道白いBMW代車あおり運転犯人住所は静岡?警察車両押収で逮捕間近!

スポンサーリンク

まとめ

今回は「宮崎文夫が出頭しない理由は?過去のトラブルや当たり屋歴まとめ!」について書いてきました。

 

お盆休み明けの帰省ラッシュもそろそろ落ち着いてきていると思われますが、もし高速などであおられたら、相手と対抗しようとせず無視することが一番と言われています。

 

状況的に難しい時もあるかもしれませんが、車を止めず高速道路上ならサービスエリアやパーキングエリアまで逃げ、人の多い場所まで運転していくしか有りません。

 

そして逃げている間に同乗者などにお願いし、スマホで撮影したり110番通報することが重要!加え車種やナンバーは抑えておくこと、万が一止められたとしても素手で窓は割れないようなので絶対に窓は開けないことです。