スポンサーリンク

榊枝俊一の顔画像はある?33歳の旭川陸上自衛隊員ひったくりで逮捕!余罪もあり?

事件・事故

2019年8月15日木曜日のニュースです!7月28日に旭川市内の路上にて76歳の老女から現金8000円入ったバックを盗んだという疑いで、陸上自衛隊員に勤める榊枝俊一容疑者が逮捕されました。

 

自衛隊員は国家公務員であり、収入も一般会社員に勤める同年代と比べれば、お給料としては安定しているのでは?と思いますが、借金に困っての犯行と容疑は認めているようです。

 

そこで今回は「榊枝俊一の顔画像はある?33歳の陸上自衛隊員ひったくりで逮捕!余罪もあり?」について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

33歳の陸上自衛隊員ひったくりで逮捕!の事件の概要は?

まずは陸上自衛隊員・榊枝俊一容疑者33歳がひったくりで逮捕!の事件の概要を紹介していきます。

北海道旭川市で自転車に乗っていた76歳の女性からバックを盗んだとして陸上自衛隊員が逮捕されました。

窃盗の容疑で逮捕されたのは、陸上自衛隊・旭川駐屯地の榊枝俊一容疑者(33)です。
榊枝容疑者は、7月28日、旭川市内の路上で自転車に乗っていた76歳の女性の後ろから自転車で近づき、前かごの手提げバックを盗んだ疑いが持たれています。
バックには約8000円が入っていました。
榊枝容疑者は「借金の返済に困っていた」と容疑を認めています。
旭川市内では、7月、同様の事件がほかにも3件あり、榊枝容疑者は関与をほのめかしています。
隊員の逮捕について陸上自衛隊は「事実に基づき厳正に対処したい」とコメントしています。

引用:UHB 北海道文化放送

とても残念なニュースです。覚○剤使用だとか上司を殴ったとか部下へのパワハラだとか、事件の内容は様々ではありますが、近日自衛隊員の不祥事のニュースが増えてきているような気がします。

 

なぜ自衛隊員らは頻繁に不祥事を起こすのでしょうか?後を絶たない自衛隊員の呆れた不祥事に、開いた口がふさがりません。

 

自衛隊とは国の平和と国民の命や財産を守るために、日頃から私たち一般の者からは想像もつかないような厳しい訓練を行なっていると言います。(真面目にやっている自衛隊員からしたら迷惑なお話です)

 

それなのにひったくり、しかも高齢者を狙うとは許せない!一生懸命働いて納めた税金を返して欲しいです。

スポンサーリンク

榊枝俊一のプロフィールや顔画像は?

ここからは窃盗の容疑で逮捕された榊枝俊一容疑者のプロフィールや顔画像について調べていきたいと思います。

榊枝俊一(さかきえだしゅんいち)容疑者は、

  • 年齢:33歳(逮捕時)
  • 職業:陸上自衛隊・旭川駐屯地
  • 階級:三等陸曹
  • 罪状:窃盗の容疑

榊枝俊一容疑者の住所についてですが、階級からしておそらくですが旭川駐屯地の営内に住んでいると思われるので、住民票上では旭川駐屯地の所在地が住所となっていると思われます。

 

榊枝俊一容疑者の顔画像についてですが、今現在のところ公開はされていません。なので今後顔のわかる画像などが公表され情報提供されましたら随時追記とさせていただきます。

 

榊枝俊一容疑者が余罪を認める?

旭川市内では同じく7月中で同じ様な事件が別に3件発覚していて、そのことに対し榊枝容疑者はその3件にも関わっていること匂わせているようです。

 

旭川路上で76歳の女性からバックを盗んだのは7月28日のことで、同様の3件のも7月に起こった事件と言います。

 

たった1ヶ月の間で4件とは!(もしかしたら他にも?)自衛隊員の賞与が出てからそんなに時間が経っていないし、榊枝俊一容疑者はそんな多額の借金の返済に追われていたのでしょうか?

 

ちなみに自衛隊員の月々の給料は階級が三等陸曹ですと、一般の同年代の会社員と変わらないと言われています。

 

ですが賞与は素晴らしいようで(年代やボーナスランク・地域などでも変わるかもしれませんが)総支給が夏だけでも50万はあると言われています。

 

どうやって借金が出来てしまったのか?これがギャンブルだったら許せないお話ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「榊枝俊一の顔画像はある?33歳の陸上自衛隊員ひったくりで逮捕!余罪もあり?」について書いてきました。

 

ひったくりで逮捕された榊枝俊一容疑者は陸上自衛隊員で、震災や台風の被災地で命張って頑張っている人達と同じ人物とは思えません。

 

榊枝俊一容疑者は階級が三等陸曹で、陸上自衛隊に入ったすぐの時期と三曹になる直前に大きな研修期間を終えているはずです。それでもこんな事件を起こすとは、何の研修を自衛隊はやっているのか!?

 

隊員の逮捕に「厳正に対処したい」と陸上自衛隊は話しているようですが、他の不祥事も含め隊員の指導の強化など早めの対応を考えた方が良いかと思います。