スポンサーリンク

佐野サービスエリアのストライキの原因理由は?運営会社のケイセイフーズが倒産乗っ取り?

佐野サービスエリア ニュース

NEXCO東日本が運営する「佐野サービスエリア」で、従業員がストライキを起こしているという情報が入ってきました。

 

今回は「佐野サービスエリアのストライキの原因理由は?運営会社のケイセイフーズが倒産乗っ取り?」について迫っていきます。

スポンサーリンク

佐野サービスエリアでストライキが発生!

佐野サービスエリアでストライキが発生したと現在話題になってネットでも騒がれています。

「那須高原からの帰りに、佐野サービスエリアに立ち寄ったときのことです。店内にお客がたくさん居るのに、9割以上の棚に何も商品が置かれていなかった。探していた名物『佐野ラーメン』のおみやげ売り場を見てみても、売り場の棚は完全にカラッポ。結局、何も買うことができませんでした」(都内に住む40代男性)

夏休み中、家族連れで賑わうサービスエリアで、信じられない事態が発生している。8月上旬、NEXCO東日本が運営する上り線の「佐野サービスエリア」(栃木県)で突如、棚に商品が補充されなくなってしまったのだ。

引用:FRIDAYDIGITAL

ストライキが発生した佐野サービスエリアは、

栃木県佐野市黒袴町の東北自動車道上にあるサービスエリア、東北道では最大規模の休息施設であると有名な場所です。上り線・下り線共にNEXCO東日本のグループ会社・ネクセリア東日本株式会社が運営、栃木県佐野市の名物・佐野ラーメンを中心に、お土産も多く準備していることで知られているようです。

スポンサーリンク

佐野サービスエリアのストライキの原因理由は?

そんな佐野サービスエリアでなぜストライキが起きたのか?原因は運営している会社「ケイセイ・フーズ」の社長の方針が気に食わないと従業員の怒りとなったことのようでした。

佐野サービスエリアのストライキは、総務部長を務める人物であろう人物がFacebookに投稿!総務部長加藤正樹さんの不当解雇に原因があったと思われます。

 

「私きのう、不当解雇されました。〜この閉店による抗議は私と更送された支配人のためにやってくれていることなので、全責任は私がかぶる所存です。」

と書かれているので、岸敏夫社長の経営のやり方によほど納得のいかない状況があったと思われます。

 

大元の原因を辿ればケイセイフーズの経営の悪化だとおもいますが、なぜ経営が悪化してしまってのか?それは、

 

メインバンクからの新規融資凍結の処分中の情報を手に入れた納品業者が商品の納入に悩んだ際、岸敏夫社長は業者に対し「業者ごときが調子に乗るな」と反発!

 

にも関わらずおおよそ数千万円の請求が残っていて、それを補うために部長などの不当解雇を実行したようです。これでは従業員は納得いかないですよね。

スポンサーリンク

ケイセイ・フーズの岸敏夫社長の顔画像あり!

ストライキの原因を作ったのは社長と言われていますが、とりあえず岸敏夫社長の顔画像が見つかりましたので紹介していきます。

今年の途中までは社長は違うひとでしたが、でも今回岸敏夫社長が就任され引き継がれています。

スポンサーリンク

運営会社のケイセイフーズが倒産乗っ取り?

ケイセイフーズを調べていくと「京成」というワードが出てきます。あの「京成グループ」?と驚き調べてみましたが全く無関係のようです。

 

このケイセイフーズは栃木県佐野市にある「ケイセイフーズ」で別の会社のようです。またツイッターからこんな情報がありました。

 

「元々この建設会社の社長」ということは佐野サービスエリアやその他設備関連の建設をしたということですかね。

 

 

つまり乗っ取りといいますか、フード部門と建設部門に分けて考えるという方が正しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

佐野サービスエリアのストライキ!にネットの声は?

働く人間の一人として、ストライキやるって、相当な覚悟と問題があったものと思われます。
従業員の方が納得する解決を望みます。

この時期にストライキを起こさせる社長の資質に問題ありだね、今年のどのタイミングかは知らないが、土建屋に経営権が変わったらしいけど。従業員の方々はこの日を待っての皆で意思表示したんかな。多分解雇覚悟の上での事だろうが。そういう現場の現状もNEXCOは把握しといた方がいいだろう。

ここの会社は、相当 ずさんな 経営してたんや無いかな️
支払いも 問題あり
従業員が ボイコットするのは かなりので物だと
思う 余程の事がないと 普通しないしなw

理由は何にせよ、この会社は切るべきだろうね。契約上の重大な違反があきらかであるのは確かなのだから問題を抱えてている会社を切る絶好の機会。

会社の経営方針が嫌なら、会社をやめてもっと良いと思う会社に行けば。それができずにこのままストライキして団体交渉して居残っても良い事ない。

ストライキは労働者の権利ですが
従業員の貼った張り紙みると
経営陣の退陣と
解雇された人の復職を願っているようですが
この時期にストライキするということは
利用客に迷惑かかるわけなので
NEXCOから契約解除されたり
経営状況が悪いらしいので
これをきっかけに
会社が倒産したりすることは考えなかったのでしょうか?
契約解除や倒産してしまったら
復職どころか全員無職になる覚悟してるんでしょうか?
運営会社が変わって雇用されなかったら
また文句言いそうな気がします。

まとめ

今回は「佐野サービスエリアのストライキの原因理由は?運営会社のケイセイフーズが倒産乗っ取り?」について書いてきました。

 

本来会社の中で何があったのか詳しいことはわかりません。ですが今回は無能な経営者が有能な部下や従業員をやめさせるパターンだったのでは?

 

これってよくある話で意外に会社が危ない時頑張るのは部下や従業員で、経営者は投げやりだったりするんですよね。