スポンサーリンク

杉岡洋二の顔画像や住所、勤務先は?介護疲れで母親を!

事件・事故

2019年8月13日、 埼玉県杉戸町で介護疲れによる80 代の母親を手にかけてしまった事件で杉岡洋二容疑者が逮捕されました。顔画像や事件の詳細など調べてみました。

ということで今回は、「杉岡洋二の顔画像や住所、勤務先は?介護疲れで母親を!」について徹底調査してみました。

杉岡洋二の介護疲れで母親を手にかけた事件の概要

埼玉県杉戸町の民家で住人の80代女性が死亡していた事件で、県警杉戸署は14日、同居する次男で会社員、杉岡洋二容疑者(51)を殺人容疑で逮捕した。

同署によると、亡くなったのは母の敏子さん(85)。逮捕容疑は8日ごろ、自宅で敏子さんの首を絞めて殺害したとしている。

杉岡容疑者は敏子さんと2人暮らし。13日午後、同署に「母親を殺してしまった」と自ら通報し、駆け付けた警察官が、1階居間のソファの上にうつぶせで倒れて死亡している敏子さんを発見した。首に絞められた痕があったという。現場は東武日光線杉戸高野台駅から約800メートルの住宅街。【古賀三男】

杉岡洋二の介護疲れで母親を手にかけた事件の経緯と犯行動機

最愛であるはずの家族を手にかけてしまう。そんな事件が最近後を立ちません。長年苦楽を共にしてきた家族、しかも自らの母親を手にかけてしまうという事件には、様々な背景があります。

そんな事件が、埼玉埼玉県杉戸町で起こりました。容疑者は、杉岡洋二容疑者、51歳。

80代である母親の敏子さんを手にかけてしまったのです。杉岡容疑者と母親の敏子さんは2人暮らしということでした。

この事件が発覚したのは、8月13日午後、「母親を殺してしまった」と杉岡洋二容疑者自らが通報したことによりわかりました。

警察が現場に駆けつけた際には、母親の敏子さんは、1階居間のソファでうつぶせで倒れており、首には絞められた痕跡があったようです。

この事件の動機は、母親の介護疲れによるものだと見方が多く、杉岡洋二容疑者自身も相当な疲れと精神的にもかなり追い込まれていたのではないでしょうか。

母親を手にかけた直後、自ら自首してきたということで、杉岡洋二容疑者自身にも罪を実感し、重く受け止めているのでしょう。

実際、年老いた母親との2人暮らしは想像を絶するような大変さ、辛さ、負担もかなりのものだったのではないでしょうか。

介護の大変さは、実際に経験した人しかわからないものです。どうしても苦しい時には周囲の助けを借りることも必要ですが、利用できない場合があり一概に容疑者を責めることもできない事件とも言えるでしょう

杉岡洋二の顔画像やプロフィール、勤務先は?

杉岡洋二容疑者の顔画像を探してみましたが、現在は公開されていないようです。引き続き調査しますが、わかり次第追記したいと思います。

次に杉岡洋二容疑者ののプロフィールをまとめてみました。

氏名: 杉岡 洋二
年齢: 51歳
住所: 埼玉県杉戸町高野台西
職業: 会社員
容疑: 殺人

職業は会社員ということですが、具体的な勤務先まではわかりませんでした。わかり次第追記します。

会社勤めしながらの母親の介護は、やはり相当大変なものだったのでしょう。

事件の現場は、東武日光線杉戸高野台駅からおよそ800メートルの閑静な住宅街となります。

杉岡洋二の介護疲れで母親を手にかけた事件のみんなの声は?

今回の事件のネットでの声をまとめてみました。

  • 「これだけじゃ、なんとも言えませんね。言い合った末なのか、介護疲れの末なのか」
  • 「自分の母親を手にかけるなんて、よほどの事情があったのかなあ。介護疲れでしょうか。お悔やみ申し上げます。」
  • 「またニートか?」
  • 「この次男さんは会社員ということなので、貧困原因ではなさそうに思います。逆に優しい息子さんではないかとも思います。
  • 手にかけるぐらいなら、心を鬼にして引きずってでも母親を精神系病院に連れていけば解決の方法がみつかったのではないかと思います。
    普通の親子関係のご家庭ではわからないでしょうが、原因はそういうことではないかな、と思います。」
  • 「二男さん一人で介護をし、色々と抱え込んでしまわれていたのではないかと思います。
    相談すればよかったのにとかよく言われますが、どこに相談すればよいかわからなかったり、
    追い込まれていたら探す気力さえもありません。」
  • 「事情がわからないと短絡的に評価出来ない事案」
  • 「世間気にしなくても、自由に生きられる方法もある。
    こうなるって事は、自分コントロールも出来ず、自分を見失ってしまったんだろうね。」
  • 「事情はどうであれ母親を手にかける程の殺意がよくわからん」
  • 「理由は分かりませんが、母親を手にかけるなどありえない。」
  • 「そうなる前に、先ずは相談し頼るべき。」
  • まさか、自分の子供から○される時がくるなんて。
    普通に、産んで育てなきゃ良かったですね。

  • また身内による・・・。日本、狂っている

  • 尊属○人は無職やひきこもりに限ったことではない

  • 今度は、会社員だね。
    何にしろ、家族間の○人多過ぎ。

まとめ

埼玉県の閑静な住宅街で起こった母親を手にかけてしまったこの事件。

杉岡洋二容疑者が起こしてしまった事件は介護疲れという現代日本の抱える問題が表面化してしまった事件と言えます。