スポンサーリンク

山下利明さん高速道路の事故で亡くなる!名神高速多重衝突事故で男性が亡くなるの事故の概要は?

高槻市の名神高速道路で6台の車が絡む事故が発生し、会社員の山下利明さんが亡くなりました。脇見運転が事故原因の可能性もありと警察は調べていると言います。

 

そこで今回は「山下利明さん高速道路の事故で亡くなる!名神高速多重衝突事故で男性が亡くなるの事故の概要は?」について調査に入ります。

名神高速多重衝突事故で男性が亡くなるの事故の概要は?

まずは名神高速多重衝突事故で男性が亡くなるの事故の概要について紹介していきます。

12日未明、大阪府高槻市の名神高速道路で6台の車が絡む事故があり、会社員の男性が死亡しました。
12日午前1時前、名神高速道路下り線の高槻ジャンクション付近で、トラック2台と乗用車4台が絡む事故がありました。接触事故を起こして追い越し車線に止まっていたトラックに乗用車が追突。その弾みで乗用車は隣の車線にはみ出し、後ろから走ってきた別のトラックに追突されたということです。この事故で、乗用車を運転していた愛知県高浜市の会社員・山下利明さん(58)が頭を強く打つなどして死亡しました。他の5台の車に乗っていた人に、けが人はいません。警察は、脇見運転が事故原因の可能性もあるとみて詳細を調べています。

引用:ABCテレビ

わき見運転が事故の原因かと調べているようですが、事故の原因がわき見運転や・前方不注視ってよく聞きます。

 

追越車線で法定速度以上飛ばしてたということでしょうか?高速において120kmオーバーでは急なブレーキでは対応不可です。特に車間距離をあけていなければ危ないのは当然です。

 

また今の時期は帰省などで場所や運転に不慣れなドライバーも多いので、より注意が必要であると感じます。

山下利明さん高速道路の事故で亡くなる!

今回の高速道路の事故で亡くなられたのは山下利明さん58歳でした。

山下利明(やましたとしあき)さんは、

  • 年齢:58歳(事故時)
  • 住所:愛知県高浜市
  • 職業:会社員

 

山下利明さんの住所は高浜市で事故が起きたのは高槻市、慣れない道でつい周りの景色を見てのわき見運転だったかもしれません。

 

自分だけは大丈夫というわけのわからない自信は不必要、死んでしまっては元も子もないです。特に高速道路では運転に集中し、適度な休憩をはさんで余裕を持ってお出かけしてください。

名神高速多重衝突事故で男性が亡くなるのネットの声は?

車間距離詰めてるやつ多すぎ。あんなに詰めて事故らないと思えるのが不思議でならない。
そんなバカ共の巻き添えにだけはなりたくない。

標識も見ずにボケーっと走ってて、新名神に行こうとして、急に車線変更したんじゃないの?
標識表示、掲示板見ないアホが多過ぎ
前だけ見てりゃ運転できると思ってんなよ

追い越し車線という最悪な位置に停めざるを得なかったとはいえ、後続に知らせる手立てとかはどうだったのだろう。

突っ込んだ人の脇見運転とか言われてるけど、最初の接触後の追い越し車線停車が最大の原因だと思います。
いずれにせよ、何かあっても避けれる車間とスピードが自分のためね。

追い越し車線走行車は車間を詰めて、左からの割り込みを阻止しながら走行。
詰めすぎてはブレーキの繰り返し。
高速でブレーキは我が儘な性格の証。

一人又、一人と…。
この又一人の中に入らないよう無理をしないで休憩しながら帰省して下さい。

高速道路上で接触事故を起こした場合、警察に通報した上で、車が走行可能なら、さっさと移動させるべき。最低速度が決まっている道路で、走行可能な状態なのに停車したままの意味がわからない。過失を考えたら当然の結果だな

そうなのよーこいつは昨日まで死ぬとも思わず、京都アニメーションの放火事件に無意味に同情してたりしてたのよ。明日は我が身よ。神様なんておらんのよ。

最近の高速は 車間距離 取らん トラックが多い!そりゃ 事故るはね!車間距離も 取らんで 前方に割り込み!事故っても おかしくない 運転!ルールもクソもない

大型連休の高速は本当にダメな運転の見本市だからな。まさか自分がなんて思うやろ?簡単に事故るんやで、慣れてない人が慣れてないとこを走るってことはそーゆーことなんやで。基本に立ち返る時よ。

まとめ

今回は「山下利明さん高速道路の事故で亡くなる!名神高速多重衝突事故で男性が亡くなるの事故の概要は?」について書いてきました。

 

今回の事故は違うかもしれませんが. . . . .最近通話してるという訳ではないでしょうが、携帯電話を片手にというわき見運転をよく見かけます。

 

例えば音楽を聴きたいなら運転する前にちゃんと設定しておくとか、またグーグルナビで移動しているのなら携帯を置けるホルダーを設置するとか、運転中に携帯の画面を片手で見ながらというのは止めてください。