スポンサーリンク

須貝秀之さんランニングバイク男児を助けようとして崖下転落、男児の怪我は?

事件・事故

8月10日ランニングバイク乗っていた男児4歳が崖から落ち、助けようと近くにいた大工の須貝秀之さんが向かいましたが、自身も転落し頭を強く打って死亡する事故が発生しました。

 

今回は「須貝秀之さん男児を助けようとして死亡!ランニングバイクで崖下転落、男児の怪我は?」の事故について詳しく調べていきます。

スポンサーリンク

ランニングバイク、男児転落で救助の男性が死亡!の事故の概要は?

まずはランニングバイク、男児転落で救助の男性が死亡!の事故の概要について紹介致します。

54歳 崖下へ転落
10日午後5時50分頃、新潟県関川村湯沢の路上から、近くの男児(4)が約20メートル崖下へ落ち、助けようとした同村土沢、大工須貝秀之さん(54)も転落した。須貝さんは頭の骨を折るなどして死亡、男児は顔の骨を折ったが命に別条はないという。
県警村上署によると、男児はペダルのない自転車のような遊具に乗っていて、誤って転落したとみられる。現場の崖は周囲に柵などがなかった。当時、須貝さんは近くの旅館の工事を終え、男児は近隣の子供と一緒に須貝さんを見送っていたという。

引用:読売新聞

事故発生場所はは緩い坂道だったようで崖側にガードレールが設置されていない場所のようです。

 

ランニングバイクとは子供用自転車ではありますがペダルがなく、地面を蹴って走るという2輪車でブレーキがついていないものがほとんどだそうです。最近はランニングバイクでの事故が増えてきているという情報もありました。

スポンサーリンク

須貝秀之さん男児を助けようとして死亡!

仕事を終え帰る際に、見送ってくれた男児が崖下に転落!助けようとした大工の須貝秀之さんが亡くなるというなんとも悲しく痛ましい事故です。

 

私も母親の立場から考えますと. . . . 助けられた男児の親は亡くなられた須貝秀之さんになんとお詫びをして良いのか?一生重荷を背負っていかねばなりません。

 

海で溺れた人を助ける時なんかもそうですが、かなりの確率で助ける方が亡くなってしまうことが多いですよね。

 

救助隊員という救助のプロでも助けている時に自身が巻き添えになることもあるのに、まして何の訓練をしてない一般の方が助けるのは無謀なこと。

 

ただ実際にその場にいれば「何とか助けねば」という気持ちが先立って、焦り冷静さを失うのかもしれません。

スポンサーリンク

ランニングバイクで崖下転落、男児の怪我は?

ランニングバイクの乗り方講習

4歳の男児の怪我は顔の骨を折りはしましたが、命に別条はない報道されています。ですが一つ間違えば命を失っていたかもしれません。

 

ランニングバイクの粗方の説明は上記に書きましたが、さらに詳しく説明しますとランニングバイクは、

自転車のようにまたがって乗り、足で地面を蹴って進む、ペダルのない幼児用の二輪遊具で、バランスバイクやキックバイクとも呼ばれている。日本においてはラングスジャパン社の商標であるため、日本語における一般的な名称としてはキックバイクが使用される事が多い。

 

日本では2000年代後半から出回っていて、中にはブレーキ付のものも販売されているようです。道路交通法の上でも自転車と違い軽車両扱いではなく、

「遊具、玩具」として取り扱い公道の走行は禁止

 

つまり道路での使用は禁止されていてヘルメットの着用はもちろん、利用する時はの大人の立ち会いが必要であるとされています。

スポンサーリンク

ランニングバイク、男児転落で救助の男性が死亡!でネットの声は?

ペダルのない自転車のような遊具」は公道での利用は禁止されていたはず。
家の近所でもたまに見かけますが、親の意識の低さには呆れる。
子供に罪は無い、親は親切な人の命を奪った責任を感じてくれていれば良いのですが。

その勇気と優しく果敢な人間らしさに敬意を表します。自分だったらできるだろうか。崖を目前にして躊躇してしまわないか。
我が子なら覚悟もあるが、それでもなかなかできることではないと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

こういう事故が起こると、自転車が悪いと問題になるけど、使い方の問題。
公園までは保護者が持って行き、公道では子どもに持たせないようにしないと。
男性が可哀想。

公道でのペダルのない自転車の使用はい禁止されている。最近の親はだらしがない。子供には、責任はないが親は責任重大だと感じます。年おり、若い人、今の時代なんかみんな大人に、なりきれてないきがする?

20M崖下、足のつかない沖、いずれも躊躇します。
恐れず一心に助けにいこうとした方々は立派だと思います。
ご冥福を祈ります。

助けてあげたいと思うのは素晴らしいけど、自分が死んでしまっては…
一瞬の判断になるとは思うけど、そこの判断は間違ってはいけない。

崖のあるような田舎の子供に買い与えるものではない気がします。しかも幼児。…ちゃんとしてる親がほとんどという意見もありますが、残念ながら感覚が麻痺するのかゆるい親御さんは多いと思います。うちの近所の逆走自転車のほとんどは子供乗せてる母親です。

いったい親は何をしていたんだろう。
小さい子が遊んでいたら目を離してはいけないし、しかも近くに崖があるようなところだと危険を予測しなければいけません。自分の子供が助かって、助けた人が亡くなる。亡くなった方は大変気の毒です。

我が家はストライダーがブレーキ無しと知り『へんしんバイク』を買いました!
それでも3歳時はブレーキに手が届かないし、4歳のいまもギリギリ届く位で咄嗟にブレーキがかけられないので、基本親はいつも併走です。
過保護と言われた事がありましたが、このニュースを見てやはり必要だと思いました。
にしても4歳で崖近くで手を繋がずに、ましてやストライダーに乗せるなんて考えられない。。。

ミイラとりがミイラと言うと言葉は悪いが、助ける方も細心の注意が必要。特に子供を助ける時は周りが見えなくなる可能性が高いので。
正義感が強く真面目な方だと思うので、二次災害も心いたたまれます

スポンサーリンク

まとめ

今回は「須貝秀之さん男児を助けようとして死亡!ランニングバイクで崖下転落、男児の怪我は?」について書いてきました。

ランニングバイクでの事故での反省点は、必ず大人がそばで指導し見守りは必須ということです。

 

亡くなられたのは本当に残念〜ですがこの勇敢さには感動致しました。須貝秀之さんのご冥福お祈り致します。