スポンサーリンク

久美沙織のプロフィールと経歴や作品歴は?ドラクエ映画で提訴の理由も調べてみた!

久美沙織 ニュース

2019年8月2日に小説家の久美沙織さんが、映画「ドラゴンクエストユア・ストーリー」の制作者委員会を相手に民事訴訟を起こしたことが分かりました。

 

そもそも久美沙織さんって誰?という方のためにプロフィールや経歴に作品歴、またどうしてドラクエ映画で提訴を起こしたのか?その理由を調べるべく. . . .

 

今回は「久美沙織の経歴とプロフィールや作品歴は?ドラクエ映画で提訴の理由も調べてみた!」について調べていきます。

スポンサーリンク

久美沙織の経歴とプロフィール!

まずは久美沙織さんの経歴とプロフィールについて紹介していきます。

 

久美沙織(くみさおり)さんは、

  • 本名:波多野稲子(旧姓:菅原稲子)
  • 生年月日:1959年4月30日
  • 年齢:60歳
  • 出身地:岩手県盛岡市
  • 現在住地:長野県軽井沢市
  • 職業:小説家
  • 学歴:大田区立大森第六中学校・岩手県立盛岡第一高等学校・上智大学文学部哲学科卒業

 

久美沙織さんは、1979年「小説ジュニア」の4月号で「水曜日の夢はとっても綺麗な悪魔だった」でデビューされました。

 

初の単行本となる「宿なしミウ」が1981年に出版されてから、その後は「コバルト文庫」を主に活躍されていきます。

 

久美沙織さんは1987年に「あけめやみとじめやみ」を初のファンタジー作品として出版されました。

 

あとがきにのせておられましたが久美沙織さんはゲーム好きで、「ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説」などエニックス関連作品を手がけています。

スポンサーリンク

久美沙織の作品歴は?

ここでは久美沙織さんの主な作品歴について紹介していきます。

 

【コバルト文庫】

「宿無しミウ」(1981年)「とってもシンドローム」(1982年)「ガラスのスニーカー 美人案内講座」(1982年)「きみの瞳にギャラクシィ」(1983年)

 

「夢のつづきはかためを閉じて」(1983年)「丘の上のミッキー」(1984年)「風をつかまえて」(1985年)

 

「デュエット」(1985年)「これがオシュートメさんだ」(1986年)「ありがちのラブ・ソング」(1987 )「あなたがとても好きだから」(1991年)

 

【ゲーム関連ノベライズ】

「MOTHER」「小説ドラゴンクエストIV」「ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説」「小説アンジェリーク異聞 剣豪倉菱無関心之助」( 1996年)「天地創造- Light in the darkness」

 

【SFファンタジー】

「あけめやみ とじめやみ」(1987年)「Mother : the original story」(1989年)「ソーントーン・サイクル」シリーズ 1991年-1995年「獣虫記」 1994年「双頭の蛇 獣虫記2」( 1995年)「真珠たち」(1994年)

 

「ドラゴンファーム」シリーズ「ひとりぼっちのくま :Happy bears」(1999年)「腐敗の帝王」 (2002年-2003年)「ここは魔法少年育成センター」シリーズ 「偽悪天使 幻想浪漫小説」( 2004年)

 

「冷蔵庫」シリーズ(2001年-2002年)「プリンセス・ストーリーズ」シリーズ「グイン・サーガ外伝23 星降る草原」(2012年)「毒姫 水晶の檻」(2013年)

スポンサーリンク

久美沙織がドラクエ映画で提訴、理由も調べてみた!

久美沙織さんがドラクエ映画で提訴されていますが、その理由を調べてみます。

 

久美沙織さんさんは「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の原作のゲーム「ドラゴンクエストⅤ」のノベライズ版の作者です。

 

今回は小説のキャラクターの名前が無断で使用されたと映画のクレジット・タイトルなどに「久美沙織」の名前の掲載などを求めているようです。

これが争いの原点となった主人公「リュカ」です。

 

映画が8月2日に公開されその日にツイッターで自身の著書の主人公「リュカ」を無断で使用され、また本名の一部も違った形に変えられたと、

使用許諾契約の締結や映画のクレジットへの自身の名前の掲載などを求め、長野地裁に提訴したと発表した。

 

報道向けの発表文で久美沙織さんは、

「ドラゴンクエストVを映画化するにあたり、主人公の名にリュカを使うとしたら、それは私の小説が存在したゆえで、また、その読者のかたがたが多数おられたからだと思われました」

と提訴に踏み切った理由を説明されています。また、

「訴訟の請求事項は名誉回復のみであり、金銭賠償の請求はしておりません。また、映画の上映差し止めも請求しておりません。楽しい映画ですから、多くのかたにご覧頂きたいと、心底、思っております。本当は本件訴訟のような水を差すこともしたくはなかったのです」「ファンのみなさまにおかけするご迷惑ができるだけ少ない方法で、事後承諾でいいので、契約し、クレジットしていただければ十分です」

と強く望まれています。

 

ファンからは、

「製作陣が先生に対して誠意ある対応をすることを願います」
「まさか主人公の名前が無許可だとは…クレジットに久美沙織さんのお名前が並ぶことを切に願います」

といった声が寄せられています。

スポンサーリンク

まとめ

今回はドラクエ映画で提訴の理由などについて書いてきました。訴訟の請求は「名誉回復」のみで「金銭賠償」はないとのことです。また映画の上映中止も請求されていません。

 

久美沙織さんからしては本来は「水を差すこともしたくなかった」と、映画は多くの方に見て欲しいと言われています。