スポンサーリンク

とくダネ立川マッサージ、ライバル店にウソの予約をしていた店はどこ?

マッサージ店 ニュース

2019年7月26日の「特ダネ」で、東京都立川市でマッサージ店を経営している男が、競合店にウソの予約をし無断キャンセルを続けていたことが判明、立川署が偽計業務妨害容疑で書類送検したことが報道されました。

 

「立川マッサージ、ライバル店にウソの予約をしていた店はどこ?」と題してニュースの詳細など紹介していきます。

スポンサーリンク

立川マッサージ競合店にウソの予約、無断キャンセル1千件超えていた!

競合店に虚偽の予約を繰り返したとして、警視庁立川署は23日、東京都立川市のマッサージ経営会社役員の男(42)を偽計業務妨害容疑で東京地検立川支部に書類送検した。

捜査関係者によると、男は2017年9月、インターネットの予約サイトを通じ、立川市のマッサージ店に偽名で3件の予約を入れ、そのまま来店せずに同店の業務を妨害した疑い。調べに対し、「身に覚えがない」と容疑を否認している。

予約サイトの運営会社が17年9月、立川市や周辺の加盟店で同様の無断キャンセルが1000件以上相次いでいると警察に相談。同署は発信元のIPアドレスなどから男を特定した。

引用:読売新聞

 

少しセコいやり方のような事件ですが、小さなお店には効果適面の死活問題だと思います。へたすると人生を狂わせてしまうほど、これは「悪質」とも言えますね。

 

自分が頑張るんじゃなくて他者を落とすことでのし上がろうなんて、こんなことしても結末は自分の店が潰れることをわかってないと思います。浅はかですね。

スポンサーリンク

立川マッサージ、ライバル店にウソの予約をしていた店はどこ?

ライバル店にウソの予約をしていた店はどこなのでしょうか?

 

現在の段階ではライバル店にウソの予約をしていた店は特定されていません。ただわかっていることは「1店だけ悪口が書かれていないらしい」ということです。特定しだいお伝えしていきます。

 

ネットで調べてみますと東京都立川市にはネットで紹介されているだけでも200件近くのマッサージ店があります。

 

もちろんネットで紹介(宣伝)されている店だけではありませんし、「整体」や「骨盤矯正」・「リラクゼーション」などマッサージと一括りにしなければ、すごい数の店舗となるでしょう。

 

そのなかで生き残ることは大変難しいことは理解できますが、近日病院さえも、特に歯科医院や産婦人科など患者を増やすために色んな努力や工夫が見られます。

 

努力もせず正々堂々と戦わないと言うのは結局人気は出ず、店の経営は成り立たないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

立川マッサージ、ライバル店にウソの予約!にネットの声は?

これはタチが悪い。自分が同業ならその苦しみが分かるはずなだけに余計に悪質…。

この手の予防策って相手の電話番号を聞くとかそれくらいしか店側からしたら無いですよね…。
これからの時代を考えて類似する事案も含めて厳罰化を真剣に考えていくべきだと思います。

ポータルサイト運営会社の仲介料システムも店側からしたら“サクラ”の足が掴めない。
ポータルサイト経由で電話掛けただけで店側は金を取られるわけで、そのシステムが健全に機能して管理されているのかを厳しく監視するような体制も必要になると思います。

こういう人や、軽い気持ちで予約して平気でキャンセルする人がいるから、予約システムをもっと厳重にする必要が出てくる。
こうした人たちには特に厳しいペナルティを課してほしい。店側だけでなく、利用者側からもそうして欲しい。

刑務所に永く入れると維持費で税金が無駄になるので罰金を多額にすれば良いと思う。例えば、一千万円とか。予約した場合は、その時点では仮予約とし、予約額(想定額)の3割とか納入しした場合に受け付け受理したとすれば良い。

日本経済は個人店含めた中小企業が中心なんだから、こういう輩はもっと早いうちに取り締まり、しかも厳罰に出来るように法改正してもらいたい

この嫌がらせは2016年の秋頃から始まっており2017年夏頃には営業が困難になる状況までになっていましたがサイトの運営会社に対応を求めても黙認状態でエスカレートし被害が拡大していきました。

架空予約では全く関係ない個人の電話番号が使用されているため次々と入るサロンからの確認電話に「勝手に電話番号が使われていて怖い」と言われる方もいらっしゃってそのことを伝えましたが対応してもらえず

更にその運営会社はその事実を伏せたまま掲載契約を行い、掲載直後から被害に遭ったサロンには対して謝罪もなく掲載料の返還を行わず泣き寝入りしたサロンもあります。

最終的に被害に遭ったサロンが動きそのマッサージ店を特定し、やっと運営会社が動いた流れと聞いています。

架空予約繰り返されたマッサージ店の方にも問題はありますが初期段階で運営会社が対応されていたらここまでの被害にはならなかったと感じます。

書類送検の後はどうなるのだろう。
どのような罰則かあるのだろうか。

損害に関わる民事訴訟とかあるのだろうか。

日本経済は個人店含めた中小企業が中心なんだから、こういう輩はもっと早いうちに取り締まり、しかも厳罰に出来るように法改正してもらいたい

この手の業界、最近コンビニのように増えたね。患者数より、競合店が多い。先の見えた業界。

この手の営業妨害は沢山あるんだよな。
直ぐに犯人を特定出来ればいいが。

これからはネット予約で、クレジットカード登録制にした方がいいね。