スポンサーリンク

軽減税率対象品目最新2019!新聞、生理用品、トイレットペーパー、おむつは?

軽減税率 ニュース

2019年10月より消費税が8%から10%に上がりますが、一定の商品またはサービスについては「軽減税率制度」により8%のままとなります。

 

そこで一定の商品とは何か?対象品目が気になり調べておりますと、新聞は対象で同じ紙製品なのに絶対必要と思えるトイレットペーパーは対象外なんです。

 

では生理用品やおむつについてはどっち?今回は「軽減税率対象品目最新2019!新聞、生理用品、トイレットペーパー、おむつは?」について調査に入ります。

スポンサーリンク

軽減税率とは?

「軽減税率」とは多くの商品が2019年10月1日から10%に引き上げられる中で、特定に商品については8%のまま据え置くというものです。

 

もともと消費税は低所得者の経済的配慮を目的とされたもので、簡単な言い方になりますが生活するために必要とされる食料品などの消費税率を低くします。

 

今回の法令が本当に低所得者のとって役に立つ効き目のあるものなのか?という疑問の声も聞きますが、一部の商品に対しての消費税が決められることで出費を抑制されることは間違いないでしょう。

 

「軽減税率」は「複数税率」とも呼ばれていて、実際に施行されるのは増税時期と同じ10月1日からですが、経過措置という立ち位置なのでいつまでも続くというものではありません。

スポンサーリンク

軽減税率対象品目最新2019!

いよいよ消費税率が10%に引き上げられる予定ですが、同時に施行される軽減税率でその対象商品の品目が気になります。ここでは軽減税率対象品目最新情報を調べていきます。

 

軽減税率対象品目

飲食料品:生きた魚・ミネラルウォーター・氷・かき氷・食品添加物・輸入食品

酒類:みりん風調味料・ノンアルコールビール・甘酒・お酒が入っている菓子

医薬品等:清涼飲料水・健康食品・機能食品・美容食品

一体資産:菓子と玩具・食品も含む福袋・

新聞:定期購読の日刊新聞・定期購読のスポーツ新聞

その他:ネット通販(食品対象)

 

軽減税率対象外品目

飲食料品:金魚(人の食用として販売されてないので)・生きた家畜(販売時は人の食用でないので)・ペットフード(人の食用でないので)・くだものの種子(菜園用の種子だから人の食用でないので)・水道水(飲食料品に該当しない)・ドライアイス

 

酒類:お酒・食品の原材料となる酒類(ワインなど)・みりん・料理酒 *基本アルコール度1度以上は対象外

 

医薬品等:医薬品・医薬部外品・市販薬等・栄養ドリンク

一体資産:高価な容器を使った洋菓子(容器の価格が3分の1を超えて入れば対象外、また合計が10,000円を超えていても対象外)

 

新聞・書籍・雑誌:週1回発行の新聞・駅やコンビニで購入する新聞・書籍・雑誌・電子版新聞

スポンサーリンク

新聞、生理用品、トイレットペーパー、おむつは?

上記で軽減税率対象品目に新聞(定期購読の日刊新聞・定期購読のスポーツ新聞)が対象と書きましたが、同じ紙製品の生理用品やトイレットペーパーにおむつについてはどちらにあてはまるのでしょうか?

 

現在の日本において生理用品やトイレットペーパーにおむつは、「生活必需品」とされるのでもちろん軽減税率対象商品ですよね〜と思いきや、実は対象外とされていました。

 

そしてすでに「生理用品が軽減税率ではない」ということに対し、特に女性らが激怒していてツイッターでは様々な批判の声が上がっていました。

 

生理用品のような日用品が対象外で新聞が対象とは確かに納得いきませんよね。定期購読している方も昔に比べたらかなり少なくなっていますし、「裏で何かあるの?」と思ってしまいます。

 

また、ミネラルウォーターは、対象商品で、水道水は違ったり、公共交通機関の電車の運賃が対象外、というのも批判を浴びています。

 

ツイッターでもありますが低所得者には新聞でお尻を拭けと言ってるようなもんですよね。以前おばあちゃんが「紙をぐちゃぐちゃにし、柔らかくしてお尻を拭いていた時代があって、今考えると情けないね」と言ってたの思い出しましたよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「軽減税率対象品目最新2019!新聞、生理用品、トイレットペーパー、おむつは?」について書いてきました。

 

消費税率が変わるだけでも不安なうえに、「軽減税率」という本当は国民のために作った法令にて更に不安を与えてどうしますか?対象品目を決めた方々だって生活してるのに~~わかってないですよね!