スポンサーリンク

生理日数を申告させた滋賀の県立高校はどこ?教師はだれ?

ニュース ニュース

滋賀県の県立高校で信じられない行為が行われていたことが発覚しました。

なんと、女子生徒が水泳の授業を見学する際に、生理日数の申告をさせていたそうです。

多感な時期の女子生徒になんということをするのでしょうか?

滋賀県の金率高校ということですがどこの学校でしょうか?

今回は、生理日数を申告させた滋賀の県立高校はどこ?教師はだれ?について調べてみました。

スポンサーリンク

生理日数を申告させた滋賀の県立高校のニュース

滋賀県内の県立高校で、女子生徒が水泳の授業を見学する際、体育教員が生理の日数を申告させていたことがわかった。県教育委員会は今月13日、生徒の保護者から通報を受け、学校側に連絡。校長が17日、体育科の教員に日数の申告をやめさせるよう伝えたという。

同校によると、生徒が水泳の授業を見学する時、体育科の教員へ口頭で申告するよう求め、女子生徒には生理の日数を告げるようにしていたという。生理日数の申告は4~5年前、各生徒がプール授業を何回受けられるかを把握するために当時の体育科の教員が始め、担当の教員が日数を把握していたという。

ある女子生徒によると、この生徒の友人が見学を申し出た際、男性教員が「8日目なら水泳できるやろ。先輩は4日目でもプールに入っていた。(内申の)点数が減るだけや」などと話すのを聞いたという。

校長は朝日新聞の取材に対し、「配慮に欠けており、生徒たちに心理的負担をかけた」と話した。

県教委保健体育課によると、体育の授業の見学に関するルールや指針はなく、各校の判断に委ねられているという。同課の担当者は「事実であれば教師としての人権感覚があまりに乏しい」と話し、事実確認を進める考えを示した。(新谷千布美)

引用:朝日新聞デジタル

記事によりますと、プールの授業を受けられる回数を把握するためということで、女子生徒に生理日数の報告をさせていたようです。

しかも、教師は男性であったということ。女性教員ならまだしも、多感な年頃の女子生徒に、男性教師へ報告させるということは、問題になると思わなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

生理日数を申告させた滋賀の県立高校はどこ?教師はだれ?

生理日数を申告させた滋賀の県立高校はどこでしょうか?

調べてみました。

滋賀県栗東市小野の栗東高で、女子生徒が水泳授業の見学を申告する際、体育科教員が体調の把握を理由に生理の何日目かを報告させる不適切な対応をとっていたことが20日分かった。

引用:京都新聞

京都新聞のニュースに載っていました。

滋賀県立栗東高校ということです。

〒520-3016
滋賀県栗東市小野618

学校の評判はあまりよろしくないようです。

教師の情報は、探しましたがでてきませんでした。

分かり次第追記します。

スポンサーリンク

生理日数を申告させた滋賀の県立高校はどこ?教師はだれ?にみんなの声は?

気持ち悪い。
そんなに配慮できないもんなの?女性の先生や保健の先生に話してサインや判子でも貰った紙の提出とかでいいのでは。わざわざ日数言うとか嫌すぎる。しかも男子もいる側で言わなきゃいけなかったの?最悪。
もしこれで入りたくないというズルをしたい子がいたとしても、万一何か困ってもそれは自業自得だし、受けないことでそこまで困ることってなくない?それなら服を着て溺れた時の対処法や水難事故での対処などは絶対受けてもらう、とかの方がいいのでは。
単位が必要にしても、体調を考慮しなきゃいけない科目なら、代わりに他の知識を得られるようにするとか方法はあるだろう。何が大切か、優先すべきかを考えてほしい。

かと言って単なる病欠扱いすると病気じゃない!とかじゃあどう扱ったらいいの?とか思うこともあるし、難しいよね。女性特有の問題って男からすると正直、どこまでも他人で、配慮しようにもどうしていいか分からないことがままある。理解がないのではなくて、理解したくても分からないということもある。この問題も学校に女性がいないわけではあるまいし、女性特有の対応については女性が中心となって要望を出して解決してほしいね。この記事からはなぜずっと放置されていたのか分からないけど。

体育教師として月経を把握することに何ら問題無いと思う。月経は恥ずべきものでもないし、自然な現象の一つであると思う。なぜ、そんなに大騒ぎするのかが理解できない。月経を恥ずべき象徴にしているのは女自身なのではとも思う。特に日本人は。

適切ではないとは思うが、真実を申告していないと思われるケースが多くあったことは容易に推察できる。
今のルールは、「生理と申告して見学した場合」と「水泳の授業を受ける場合」を比べた場合に、前者の方が明らかなメリットがあると思っているからこういうことが起こるのだと思う。
見学するよりもプールに入った方がマシと思えるような「見学」に代わる絶妙が代案があるとよいと思う。

これは難しい。そもそも水泳の授業を「生理中です」と申告して見学する女子生徒も多かれ少なかれ羞恥心を伴うのでできれば言いたくはない。
例えば2週間続けて「生理中」で見学の生徒がいれば教師側はズル休みを疑うのも無理はないと思う。
教師の言動に対して、学校の問題として親が訴えることが当たり前になった昨今、これは学校側の「問題」とされてしまうのだろう。
いっそのこと、体調に関係なく、水泳か通常体育かを選択制にしてみてはどうだろうか。

生理って痛みや日数など個人差が大きいものだし、デリケートな問題だから他の人の前で申告させるなど配慮が足りなかったなと思う一方、生理を盾にしてサボろうとする女性がいるのも知ってるので(生理でもないのに、生理っていって体育サボってた友達とかいた)先生が把握しようとする気持ちも少し分かる。

保健の先生に申告するとかに変えるといいかもね。

なかなか難しい問題ですね。授業を休むにも理由を聞く必要がありますし、見学にさせるのか軽めの運動をさせるのかの判断なのでしょうね。男子生徒が居る場所での聞き取りは配慮が欠けてたと思いますので授業前に職員室で申告させる等プライバシーに配慮があったら良かったですね。

皆の前で報告させるのは良くないが、月経は恥ずかしいことではないので、水泳を休む正当な理由として報告させるのは問題ないように思う。
例えば授業中に教室を無断で出て行くのはまずいが、トイレに行くのならやむを得ないと思う。同じ生理現象でも月経は恐らくトイレよりもコントロールが難しいのだろうから、もっと堂々と申告しても良いと思う。

ちなみに残念ですが、生理だと言ってずる休みする女子がいるのも事実。先生も管理に困ったのかもしれません。

これは他人がいるところで聞いてたりするし不適切だと思うけど、本当に生理なのかの確認が全く不要かと言われたら微妙。

中学の時、友達は何人もプール入りたくなくて字がうまい子に親のサイン真似させて休んでた。こういうズルする子もいるから、教師も大変だと思う。水泳の成績つけられないんだから。

経験から、6月末から7月中旬までの水泳期間、結果的に約3週間も生理だって子がクラスに5人近くいたら、疑いたくもなると思うよ。私が教師の立場なら、「長く続くのは珍しいししんどいと思うけど大丈夫?病院にはかかってるの?心配だけどおうちの方は知ってる?学期末に保護者の方にちょっと相談させてもらうね」って言う。本当だったならホントに心配だから病院にかかって身体を大切にしてもらえたらと思うし、嘘だったら保護者に渇をいれて欲しい。

・・・・・・何日目って。
軽い人もいればそうでない人もいるよ。
ホルモンバランスの影響で長く続く人もいる。
機械じゃないんだから。

それにしても、「ズル休み」したくなるくらい水泳授業はイヤなんだと思う。
気心知れた友人や家族と海水浴にいくのとは違い、大勢の前で水着にならなきゃいけない心の負担、あるいは「泳げない」ことなどいろいろ事情があると思う。
基本的に高校での水泳って必要なのか疑問。

あと、体育教師は体育会系のノリなのでかなりムチャをいう。
そういう耐性のある子はいいが、そうでない子は苦痛でしかない。

スポンサーリンク

まとめ

水泳の授業をせいりのせいにしてズル休みをする子がいるから、申告をさせているのかとは思われますが、それを男性教師に、男子学生がいるところでさせることが問題ナノではないでしょうか?

女性教員や、保健室の先生に申告していたら、問題にならなかったのではないでしょうか?