スポンサーリンク

チケット不正転売防止法の例外、いい場合は?各種手数料はどうなる?

チケット不正転売防止法 ニュース

「チケット不正転売防止法」という新たな法律が施行されますが、私達の生活にいったいどのような影響があるのでしょうか?

例外としていい場合や、手数料についてなど、気になることを調べてみました。

ということで今回は、「チケット不正転売防止法の例外、いい場合は?各種手数料はどうなる?」について詳しく調査してみました。

スポンサーリンク

チケット不正転売禁止法をわかりやすく説明

「チケット不正転売禁止法」が、2019年6月14日より新たに施行されますが、この法律がいったいどんなものなのか?簡単に説明致しますね。

 

読んでもらえば、おわかりの通り意味的には、そのまんまです。特に難しいことはなく、読んだままの意味として理解して下さい。

 

つまり、不正なチケットの転売は駄目ですよ!というわけです。要は、チケットの高額転売が禁止となるわけですね。

 

最近では、なんでもかんでも、規制や禁止事項など生活に直結するような法律が、知らないうちにどんどんと増えていきますので、日本に生きる国民としては、それらの新たなルールを知っておく必要がありますね。

 

まぁ、最低限の知識は、社会で生きる大人としては把握しておきたいですね。

 

チケットと言えばコンサートや舞台、スポーツなどの人気イベントとなると実際入手するのも難しかったりするわけですよ。

 

中でもプレミア価値のあるチケットなんて、なかなか手に入らないわけなんです。そんなところをついて、業者や個人が買い占め、それをネット上のオークションに出したり、転売サイト、転売サービスで高値で売るなんてこともあるわけなんです。

 

そうなると、お目当てのチケットを本当に欲しいという人の手元には、なかなか届かないわけです。是が非でもお目当てのチケットが欲しい人は、高額なチケットでもお金を払い手に入れたいんですが、そんなことが、起こらない為の対策がこの法律というわけです。

 

これまでチケット転売については、主に「ダフ屋」なんかを取り締まってきました。これは、各都道府県の迷惑防止条例なんですね。しかし、インターネットの発展によりチケットの転売が簡単に誰でも行えるようになったことも、この法律ができた理由です。

スポンサーリンク

チケット不正転売禁止法の例外やいい場合は?

チケット不正転売禁止法ですが、実は全面的に駄目ですよと言っているわけではなく、例外としていい場合もあるのです。

 

「不正転売が駄目ですよ」ということなんですが、法的に定められている不正転売の定義とは、『興行主に事前の同意を得ずに反復継続の意思をもって行う有償譲渡』ということなんです。

 

つまり興行主が設定した販売価格を超えちゃ駄目よ、そして繰り返し行っちゃ駄目よというわけです。

 

この転売については、個人も業者も関係なくやっちゃったらアウト!罰則となります。

 

ちなみに罰則は、「1年以下の懲」か「100万円以下の罰金」か、そのどちらも適用となります。

 

では、逆に例外の場合やいい場合は、どのようなケースなのでしょうか?

 

これは、「業としてではなく定価で譲り渡す」ことがセーフです。

 

チケットを買ったけど、急用や体調不良などでいけなくなっちゃった場合ですね。こんな時、知人や友人へ自分が買ったチケットを買った金額で譲り渡す行為はOKなんです。

 

また転売の際には公式のリセールサイトを利用することもできます。

スポンサーリンク

チケット不正転売禁止法、各種手数料は?

チケット購入には各種手数料がかかりますが、この手数料を上乗せすることはグレーゾーンです。

 

チケット不正転売禁止法、各種手数料には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

いわゆる手数料と言われるものには、発券手数料や配送手数料、システム利用料、決済手数料などがかかります。

 

これらの手数料は、チケット代とは別の扱いとなります。しかし様々な手数料を含めて興業主側からすれば、販売価格とみなす場合もあるようで、法の線引きとしては認識による違いもあるようなんです。

 

ちなまに、チケットぴあを例にすれば、クレジットカード支払いやコンビニ支払いなどの違いにより手数料も変わってくるようです。

 

ちなまに決済手数料ではクレジットカードなら0円、コンビニなら216円、発券手数料が108円かかるようです。これは1検索単位でかかるということです。

 

手数料についても理解しておいたほうがよいでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、新たに施行される法律「チケット不正転売防止法」について調べてみました。

例外としていい場合や手数料の件など様々なことがあることがわかりました。なんでも、かんでも法律ができる最近の日本社会ですが、新たな法律によって暮らし自体が良い方向に向かえば良いですね。