スポンサーリンク

タンカー攻撃の犯人はどこの国?誰がどこから?株価はどうなるか調べてみた!

タンカー攻撃 ニュース

6月13日に中東のオマーン湾にて、日本の開運会社のタンカーが攻撃されたとのニュースが入ってきています。

現在、安倍総理がイラン訪問中ですが、トランプ大統領との仲介を妨害するためとのアナ氏もありますが、どうなんでしょうか?

今回は、タンカー攻撃の犯人はどこの国?誰がどこから?株価はどうなるか調べてみた!について調べてみました。

スポンサーリンク

日本タンカー攻撃受ける 米国務長官「責任はイランに」のニュースは?

中東のホルムズ海峡近くで13日、日本の海運会社が運航するタンカーなどが攻撃されたことについて、アメリカのポンぺオ国務長官は、「責任はイランにある」と述べた。

ポンぺオ国務長官は、「オマーン湾における攻撃の責任は、イランにあるとの判断を下した」と述べた。

ポンぺオ国務長官は、アメリカ政府にもたらされた情報や、使用された兵器などから、攻撃はイランが関与したとの判断に至ったと説明した。

また、イラン政府が安倍首相が要請したトランプ大統領との対話を拒否したうえに、日本の企業が運営する石油タンカーが攻撃されたのは、「日本に対する侮辱だ」と述べている。

タンカーを運航していた日本の海運会社「国華産業」やアメリカ海軍によると、タンカーは13日、ホルムズ海峡付近で2度にわたり、砲弾のようなもので攻撃を受けた。

フィリピン人乗組員21人は、オランダの船に救助され、1人が軽傷。

同様に攻撃を受けた台湾の大手石油会社のタンカーは、黒煙を上げて炎上したが、乗組員23人は全員無事だという。

こうした中、ニューヨークの原油先物価格は一時4ポイント以上値を上げ、急反発したが、現在は落ち着きを取り戻している。

引用:FNNプライム

スポンサーリンク

タンカー攻撃の犯人はどこの国?誰がどこから?

タンカー攻撃の犯人はどこの国で誰がどこからなんでしょうか?

 

現在、安倍総理がイラン訪問中です。目的は、イランの最高司令官とトランプ大統領の会談の仲介だと言われています。

 

先日、トランプ大統領が来日していましたが、その会談中に依頼があったのでしょうか?それとも提案したのでしょうか?

 

日本の首相がイランへ訪問するのはなんと40年ぶりとのこと。もうじき行われる大阪サミットに招待したいとのことです。

 

そんな中の、タンカー攻撃、アメリカとの会談を妨害しただれかの攻撃でしょうか?

 

なんだか、昔流行ったアメリカドラマの『24』に出てききそうなお話ですね!

 

現在、詳細はまだ判明していません。分かり次第追記いたします。

スポンサーリンク

タンカー攻撃で株価はどうなる?

東京株式市場では、中東情勢の影響で一進一退の値動きだそうです。

スポンサーリンク

タンカー攻撃の犯人はどこの国?誰がどこから?株価はどうなるか調べてみた!にネットの声は?

 

仕組まれてるとしか思えないね。タイミングが良過ぎる。

他の国がイランがしたと見せかけてると思う。

真相はわからないが、またベイは問題拗らせて戦争にもっていきたいの??w
だって普通に考えてコレ、今回訪問先の国側が仕掛けたものではないと思う~会談中になんて、自ら泥を塗るようなものだから~

この攻撃でアメリカのエネルギー関連株が急騰した。また、米国産石油の価格も急騰した。イランには何のメリット無い。しかもそれらは攻撃する前から予測できた。アメリカの軍事攻撃はいつもこんな怪しげな事件の後に起こる。イランに責任があると言うのなら、もっと具体的な根拠なり、動かぬ証拠を示すべきだ。ついでにアメリカの仕業でないことも示した方が良い。

仕組まれてると思うが、イランではないと思う。
今回の会談はイランの外相がわざわざ日本を訪れて
安倍総理にお願いしたのだから。

砲撃をしてイランと日本の仲が悪くなると得をする国を想像したら…

裏がありそうですね…

日本を侮辱(タンカーを攻撃)したのがイランなのかアメリカは我々には分かりませんが、このタイミングでタンカーを攻撃する事で誰が利益を得るのかを考えれば答えは見えてくる。

責任はイラン? いや、アメリカでしょう。

中東の波高し、と言った状況らしいが、何が真実で何が嘘なのかよく分からない。

誰かが攻撃したのは間違いないが、ただでさえ地域の緊張状態が続いているところ、更に緊張状態を高める危険な行為だ。

アメリカはイランの犯行だと言っているようだが、日本とイランの首脳会談の最中の犯行だ。自ら、日本の民間船を攻撃して、何を得ようとしたのか、理解に苦しむ。

誰がどういう目的で民間の船を攻撃したのかを明らかにしてもらいたい。

緊張が続く中東であればこそ、安倍首相が行なったような第三国によるイランとアメリカの仲介を果たすような外交努力が求められるだろう。

本当は国連が全世界の安全保障に責任を持つべきなのだが、いかんせん、国連自体が大国の権力闘争の場になってしまい、十分、機能できずにいる。

親日な方も多いイランのみなさんがおられ

首相訪問に合わせた攻撃ではあるが、撃沈ねらいとはことなる要素

日米関係に
イランとアメリカとの関係を難しくする勢力によるテロとなる

ベストなのは
イラン国内でテロ行為と断定し、抑止効果を発揮できるかがポイント

アメリカには、是非静観しておいてもらうことも重要

世界を簡単に戦争へと導く気運をマスコミも創り出さないこと