スポンサーリンク

河野玄斗のタレント名前はだれ?文春の元カノA子の画像も知りたい!

クイズ番組でも有名な、東大医学部の河野玄斗さんが文春砲に打たれましたね。

なんでも、20代後半のモデル・タレントとあったその日に※※※して、一発命中だとか!

そんなタレントA子さんのお名前は誰なんでしょうか?

今回は、河野玄斗のタレント名前はだれ?文春の元カノA子の画像も知りたい!について調べてみました。

スポンサーリンク

“頭脳王”東大生・河野玄斗 タレントとの「妊娠・中絶トラブル」を反省のニュースは?

日本最難関の東大医学部6年生、司法試験に一発合格という秀才にして「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でベスト30にも残った経験のあるイケメン、河野玄斗氏(23)。今年2月に『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ)で2連覇を果たし、昨年出版した著書は10万部を突破。アイドルのプロデュースも手がけ、YouTuberとしても活動するという今最もブレイクしている“東大生タレント”だ。

【Twitter】河野玄斗氏のツイート

そんな河野氏に、女性との間に妊娠・中絶をめぐってトラブルが発生していることが「週刊文春」の取材でわかった。相手はテレビやCMに出演し、モデルとしても活動してきた20代後半のタレント・A子さん。週刊文春の取材に対し、A子さんが口を開いた。

A子さんによれば、2人の出会いは昨年春、飲み会でのことだった。

「その日に彼の家で避妊せず、関係を持ちました。私は、避妊しないことには同意していません」(A子さん)

ほどなく妊娠が発覚。産みたいと考えたA子さんは河野氏に相談したが、次のように言われたという。

「産む(産んでもらう)のは難しいという話でした。衝撃だったのは、彼が『今はまだ脳が発達していないから生きているものではない』『悲しいとかの感情があるわけじゃない』などと言ったこと。命を救うための勉強をしているはずなのに、なんでこんなことを言えるんだろうと……」

話し合いの結果、2人は中絶に合意。堕胎手術を受けたA子さんの心身のダメージは重く、仕事に支障をきたすようになった。2人はその後月に1、2回の頻度で会っていたが、1年後、河野氏が別れ話を切り出したことがきっかけで、河野氏の通報のもと警察が出動する騒ぎに。A子さんは警察で、「今後は弁護士を通して連絡する」という趣旨の上申書を書くに至った。

河野氏は取材に対し、妊娠・中絶の経緯を認めた上で、「『産みたい』と言われて『堕ろせ』と言ったことはない」と回答。A子さんが負った心身のダメージについては「責任は取ったと考えている」「初期の頃は、定期的に7時間くらい電話して、そのまま実習に行くこともあった。僕も精神的にすり減らしていた」などと振り返った。そして「彼女を傷つけてしまった事に対して、深く反省をしております」とした。

2人の1年以上にわたるトラブルの経緯やA子さんの証言、河野氏との一問一答など、詳しくは6月13日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

引用:文春オンライン

スポンサーリンク

河野玄斗のタレント名前はだれ?文春の元カノA子の画像も知りたい!

河野玄斗のタレント名前はだれなんでしょうか?

現在のところ、下記内容しか判明していません。

共演していたタレントさんでしょうか?

  • テレビやCMに出演
  • モデルとしても活動
  • タレント
  • 20代後半

判明次第、追記いたします。

スポンサーリンク

“頭脳王”東大生・河野玄斗 タレントとの「妊娠・中絶トラブル」を反省にネットの声は?

女性も軽率だと思う。
気の毒なのはご両親。昨日までは自慢の息子だったのに。
今日からは表も歩けない。
彼も日の当たる場所でしか生きてきたことがないのに、いきなり後ろ指さされる生活に。
問題をすぐに解くことはできても、目の前の欲望に対処することはできなかったんだな。

友人が中絶した時に彼が「まだ細胞レベルだから、あまり気にしないで」と謝罪と共に言ったらしい。友達はこの彼の発言と謝罪で気が楽になったらしい。産みたいのに中絶を選ぶ以上、女性にとって理想的な発言なんてなかなかないと思う。
この東大生の発言の意図はわからないけど、簡単に関係をもって妊娠して、ちゃんと話し合いをして、費用面で責任をもち、中絶してすぐにポイ捨てしたわけじゃないなら、彼だけが悪いわけじゃないと思う。東大生と結婚できない腹いせにこんなナイーブなネタを週刊誌に売るなんて、けっこうな神経だと思いますが、、
一番の被害者は、亡くなった赤ちゃん。

本当の事実は当事者にしか分からない。
そのため、文春に書かれていることもどこまで本当かは分からない。
ただ、確かなのは、女性が堕胎したということと、それに関連して河野氏が彼女の感情を著しく害したということ。

彼の友人がTwitterで、犯罪を犯したわけでもないのに何故ここまで責められなければならないのか?と援護をしていた。
犯罪の故意責任の本質は、反規範的人格態度に対する道義的非難だが、規範たる犯罪の構成要件に該当する行為でなくとも、道義的非難に値する行為は数多存在する。
そのひとつが、堕胎した女性の感情を害することである。
彼は責任をすでに取ったと主張しているが、彼女が著しく感情を害し続けているかぎり、責任を取ったとはいえない。

そのような非難に対して、「犯罪ではないのに」などといった友人の口上は、女性の、ひいては人間の感情をというものを蔑ろにして余りあるものということができる。

『今はまだ脳が発達していないから生きているものではない』『悲しいとかの感情があるわけじゃない』という発言が怖い。つまり脳が発達していない、悲しいという感情がなければ殺してもいいという考え方。こんだけ頭いいなら堕胎の方法もわかってるのに、こう言えるのは恐ろしい。
また子供を産ませないことしか考えておらず、この先堕胎したことを背負って生きていかなければならない女性のことをまるで考えていない。結局、やりたかったから嘘を並べて相手を上手く操った印象。まあ、それに騙された女性も残念。絶対肩書きにのぼせたことは目に見える。頭良いから女性をおだてるのも上手いんだろうけど。
でも避妊の問題で男に比重が大きいのは、結局男は逃げようと思えば逃げられるし、自分の中にある命が失われる感覚もどこか人事だからこそ、簡単に堕ろしてっていえる。もっと向き合わなければならないし、こうなったときに攻められるのは当然。

頭良くても
人として…どーなの?

頭はよいのかもしれないけどこの発言をきくと人間性と頭の良さは別だね。
理三はすごいとは思うけどね。

脇の甘い高スペック男にクソ女。
ネイマールの件もそうだけど、
こんな構図は今後も増えるんでしょうね。

女の人は妊娠してもいいって覚悟でコトに及ぶケースもあるので彼を本当に好きだったのでしょうね。学歴は抜群でも倫理観や結婚観は相反するものだったという事は彼は彼女の事は遊びだったというわけで、彼女さんは彼が結婚する気あるかどうか見極めてから避妊無しの行為を行うべきでした。まぁ、シンプルに男らしくないね。

東大生にもいい人もいるし悪い人もいる。ただそれだけ。それなのに日本人は東大生と言うだけでちやほや色眼鏡で見過ぎ。勉強がとても得意な子、絵がとても上手な子、友達作りがとても上手な子、みんな何かに秀でた素晴らしい才能なのに、日本だけが東大生だけを崇めている。テレビも東大生をメインに安易に番組作りして、本来は学業に専念すべき日本のトップ頭脳の若者たちを、芸能界に引きずり込んで勘違いさせてしまっている。水上くん、あなたは立派な医師になってくださいね。

医者になるには、人を遠ざけて、ガリ勉をし、入試に受からなければならないが、そもそも、そんなことが得意な者は、人間嫌いな者が多いから、いざ医者になったとき、いろんなトラブルを起こすことにもなる。

こいつは、医学生の段階で、それを露呈させたわけだが、こんな奴を医者にさせない入試や、教育システムを構築しなければならないだろう。

受験勉強はほどほどでもいいから、人間好きの人柄や、人と共に研鑽に励めるような者を選抜する入試を導入して、適正のある者を立派な医師に育てるようなやり方の方がいい。

それにしても、エリートの男性が目当てでこういうことになった、この女に対しては、あまり同情心がわいてこないから不思議だ。