スポンサーリンク

原英史は天才?出身校や経歴、特区ビズ社との関係は加計学園と同じかも調査!

原英史 ニュース

原英史さんが天才ではないか?と噂されていますが、その理由とはいったいなんでしょうか?気になりますね。出身校や経歴などからその理由を探ってみます。また加計学園との関連についても調べてみます。

というわけで今回は、「原英史は天才?出身校や経歴、特区ビズ社との関係は加計学園と同じかも調査!」について徹底調査してみました。

スポンサーリンク

原英史は天才?

原英史は、「天才」と噂されているようですが、その理由とはいったいなんでしょうか?

 

気になってその理由を調べてみました。学者でもなく、発明家でもない原英史さんですが、その理由としては、どうやら学歴にあるようです。

 

出身校そのものが、頭が良くなければなかなか入れない名門校の出身だからです。まぁ、エリートな中の超エリートなわけですよ。間違っても頭はかなり良いのです。凡人とは全く違い頭脳明晰なんです。なので賢いことは、間違いありません。

 

これが1つの天才と言われる理由です。まぁ、実際には調べたところ、どうやらこれしか本当のところの理由なんてないようなんです。

 

そしてもう1つの理由としては、問題となった「加計学園」の件ですね。この件で原英史さんを擁護する為なんだとかとも言われていますが、誰かが勝手にネット上に「天才」と書いただけなんでしょう。

スポンサーリンク

原英史の出身校や経歴は?

「天才」と言われる理由となる原英史の高学歴となる出身校や経歴についてふれてみましょう。

 

原英史さんの職業は「政策コンサルタント」ということで、なんだかとっても難しいそうなお仕事ですね。お国絡みということで、頭の良い人しかできないような仕事ですね。

 

会社名は、「株式会社政策工房」の代表取締役社長です。会社名も漢字だらけで、なんだか硬そうなイメージですね。

 

そして気になる学歴、出身校が凄いんですが、高校は、あの「開成高校」を卒業しています。この高校は、本当に頭の良い人しか入れません。

 

偏差値だって他校とは、段違い。全国でもトップクラスの学校です。つまり、本当に頭の良い人しか揃わないんですね。エリート集団であり、天才集団です。とにかく偏差値は、破格の高校なんです。

 

そして開成高校の次に進んだのは、あの「東大」です。絵に書いたような学歴キャリアです。やはり、違いますね。

 

東大の法学部を卒業しています。誰もが知ってる東京大学。しかも法学部ですからね。天才と言われるのも納得です。日本のトップクラスの学校出身なんですから、本当に凄いです。

 

東大卒業後は、アメリカシカゴロースクールを修了し、通商産業省に入省します。大臣官房企画官、中小企業庁、制度審議室長などを務めます。

 

2009年7月に退官し、「株式会社政策工房」を設立し独立します。その後は、政策コンサルタントとして、国の要職として仕事をしています。

スポンサーリンク

原英史の特区ビズ社との関係は加計学園と同じ?

原英史の特区ビズ社との関係は、あの問題となった加計学園と全く同じではないかと言われています。

 

規制改革案を審査するワーキンググループが、原英史さんが代表を務めるコンサル会社が、2015年に福岡の学校法人から多額のコンサル料を受けとっていたことがわかりました。

 

その額約200万円と高額なんですが、実際にそれだけの価値なんてあるんでしょうか?どんなコンサルなんだか?実に怪しすぎます。

 

まぁ、実際にコンサルの内容なんてどうでもいいんでしょうね。なんかの名目さえありさえすれば。

 

ツイッターなどでは、特区ビズ社は単なる飯のタネ。言ってみれば、「特別扱い」なんですね。

 

そんなことから特区制度そのものの公平性や中立性を考え直す必要があるのではないでしょうか?

 

まぁ、結局世の中は、頭の良い人がルールを決め、世の中を動かし、凡人はそれに従うしかないのでしょうね。せつないかなそれが現実というものではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?原英史さんが天才といわれる理由は、高学歴な出身校、そして正にエリート街道まっしぐらという素晴らしい経歴がわかりました。

やはり頭の良い人は違いますね。