スポンサーリンク

ミツカンお家騒動の長女の結婚は?次女が次期当主の真相も知りたい!

ワイドショーを連日賑わせているミツカンのお家騒動ですが、現在、出てきているのは、娘婿の中埜大輔さんと、会長の中埜和英さん、次女の聖子さんです。

長女は登場していませんが、どんな人物なのでしょうか?

また、次期当主は次女とのことですが長女は・・・?

今回は、ミツカンお家騒動の長女は?次女が次期当主の真相も知りたい!について調べてみました!

スポンサーリンク

ミツカンお家騒動とは?

 売上高約2400億円、家庭用の食酢で約7割のシェアを誇るミツカン。創業200年超、愛知県半田市の中埜家が代々経営してきた非上場の同族会社だ。

ミツカン

現在は、中埜家の8代目当主である中埜和英ミツカングループ代表取締役会長兼CEO(68)がトップを務める。和英氏は、高額納税者全国6位に名を連ねたこともある大資産家でもある。

しかし今、中埜家にお家騒動が持ち上がっており、それはミツカン本体をも巻き込むほどにエスカレートしているという。

「すべては私を家族から追い出し、妻や息子と引き離すために画策されたことです」

そう和英氏を告発するのは中埜大輔氏(38)。和英氏の次女で、次の当主と目される聖子氏(40・ミツカングループ専務)の夫だ。

大輔氏は2013年、聖子氏と結婚し、中埜家に婿入りすると同時にミツカンに入社。だがほどなく、和英氏と妻の美和副会長から、些細なことで叱責されるようになったという。誤解を解くために直接話したい、と申し入れたら「私と直接話がしたいと言える立場か!」と突き放された。そして結婚1年後、ミツカンを退職せよとの勧告を受けた。

2014年、義父母との関係が改善しないまま英国に居を移していた大輔氏夫妻に男児が誕生。中埜家にとって待望の跡継ぎ誕生を境に、圧力はさらに強まったという。

「義理の両親にとって、息子が誕生すれば私は用済みだったのでしょう」(同前)

大阪の物流センターへの異動が指示された大輔氏は単身帰国を余儀なくされる。大輔氏はこの配転命令を「自分を家族から引き離すため」の不当なものであるとして、名古屋地裁に仮処分を申し立てた。

2016年3月、名古屋地裁は、不当配転との主張を認め、異動を無効とする仮処分が下った。だが、今も大輔氏は日本に一人で暮らし、親子3人の生活は叶わないでいる。

現在、大輔氏と中埜家・ミツカンとは4件の法的紛争を抱えているが、解決の糸口は見えていない。

ミツカンの後継者問題に端を発する娘婿との確執について、和英氏は「回答は差し控えさせていただきます」などと回答。ミツカン広報部も「いずれも現在、審理中の事項でございますので、回答は差し控えさせていただきます」とした。

5月30日(木)発売の「週刊文春」では、大輔氏と和英氏夫妻との対立が決定的となった「孫を私の養子にする」事件や海外を股にかけた中埜家の節税スキームなどについて詳報している。

引用:文春オンライン

ミツカンお家騒動の長女は?結婚は?

ミツカンのお家騒動の中埜家、長女の前に会長の家系を見ておきましょう。

中埜和英さんは、中埜政一さんと竹本ふじさんの長男です。

兄弟には、次男の中埜宏泰さん、三男の中埜昌美さん、長女の中埜知子さんがいます。

  • 長男の中埜和英さんがミツカンの会長、
  • 次男の中埜宏泰さんが関連会社の中埜総合印刷株式会社の社長、
  • 三男の中埜昌美さんが同じく関連会社の中埜酒造株式会社の社長

と男性三人は、みなさん会長や社長といったすごい経歴となっています。

まさに、ミツカン一族!

 

ミツカン会長の中埜和英さんには、娘が二人です、息子はいません。だから婿養子をとったのですね。

そんな娘二人は、長女が中埜裕子さん、次女が中埜聖子さんです。

現在、話題の中埜大輔さんは次女の聖子さんのご主人です。

 

長女の中埜裕子さんですが、現在は、中埜聖子さんと同様にミツカンの専務取締役をされています。

結婚の情報もありませんが、どうなんでしょうか?

 

その他の情報が出ていませんので分かり次第追記いたします。

スポンサーリンク

次女が次期当主の真相も知りたい!

ニュースによりますと次期当主は次女といくことになっています。通常ですと長女だと思うのですがどうしてでしょうか?

調べましたが事情通によりますと、なんでも長女は相続を放棄し、後継者を辞退したそうですね。それで次女が当主になることなったということです。

次女を当主にして、孫をその後の当主にするつもりなんでしょうね。

こちらのツィートに書かれているように、長女も次女も、なんのコメントも発表していません。

ご主人の中埜大輔さんが立ち上がっているのに、何も動かない次女の中埜聖子さんは、どういった心境なのでしょうか?

関連記事:ミツカンお家騒動フライング?グッディ安藤優子の会長擁護がヤバイ!

スポンサーリンク

ミツカンお家騒動の長女は?次女が次期当主の真相も知りたい!2ネットの声は?

書いてる方もいらっしゃいますが、地元で中埜家はなかなか色々な噂ありますよね。
この和英さんの長女は財産も放棄して継ぐのを拒否したため、次女の方が継ぐことになってお婿さん探しは相当苦労したと聞きました。
結局種馬扱いだったのですかね?
せっかく来てくれたなら大事にしないと…。
次女の方の考えも気になりますが、お子さんが可愛そうですね。
和英さんは三兄弟で、そのお子さん方の代は次男さんとこ以外は色々あるようで。。
にしても和英さんの本家の立派さは半端ないです。

どういう経緯で結婚したのか良く分からないけど、ああいう家って家柄が近い同士で嫁に出したり婿にだしたりだから。
親の意向で結んだ縁組だったら相手の親の顔もあるから冷遇するってことはしないと思うんだよね。奥さんは、自分たちの意見とおして結婚したけど、相続のこと考えたら旦那より家が大事ってスタンスだったんだろうね奥さんもうあきらめて離婚したほうがいいんじゃない?それなりに財産は分与してくれるでしょ。

非上場の会社では、創業者一族が強いから、よくある問題。
悪い評判になって、株価や会社の売り上げに影響しないといいけど。
法人ではなく個人を相手にしている企業は、イメージが大事。

節税大好きなら孫を養子にするのはあり得るが、実の親が健在で同意を得ずにやろうとするのは怒って良い。

奥さまはすでに専務で、会社側の人間でしょうからこの裁判を望んでるとは思わないのですか…良くわかりませんね。

お婿さんには、少なからず野望があったでしょう。
見返りが大きい分、我慢も存在するのでは?
家族と離れて単身赴任しなければいけない男性はたくさんいると
思うけど、裁判で勝てるんですね。
まぁ、故意の異動というところが争点なのでしょうか。
ミツカンも、家族経営を見直した方がいいかも。

この婿の一方的な言い分だからな。「些細なことで叱責されるようになった」のは些細なことじゃないのかも。経営に携わせるべきじゃない、と判断されるような人間なのでは?

同族経営のワンマンなどこんなもの。ある程度予想して婿入りするべきでしたね。
奥様が付いてきてくれるのであれば会社を辞めたらいいと思います。あなたのプライドもあるでしょうけど、大企業相手の裁判なんて良いことありませんよ。

同族経営だとどうしようもないかと
稼ぎはすごくても中身は中小企業と変わらない
トップが俺の会社だって意識スゴいからね
普通の会社とちがって死ぬまで権力振りかざす

種馬扱いに納得できないのだろうけど
こういう場合は上が”あ行”しか言えなくなるまでは我慢してイエスマンであり続けないとまず潰される

もちろん法廷闘争しても
まともな会社としての対応しないからね
だからこそメディア巻き込んでネタぶっ込んだのだろうけどね

とりあえず文春より

1.婿さんはミツカン社内で次女の婿探しプロジェクトが組まれていて、外資系証券会社の上司の薦めで見合いして婿入り
2.対立の発端は、婿さんに自宅の便所掃除を命じた。婿さんが掃除のやり方を家政婦さんに聞いたら、家政婦さんが義父にチクって騒動に。
3.ロンドンに移住したのは、ミツカンの節税スキームがあり、孫をそこで産めば税金が安くなるから。
4.ミツカン内部には「草」と呼ばれる間者がいる

まあ、すごい会社だということはわかった