スポンサーリンク

ヤマトのりで白血病がなおる?株価上昇で株はどこで買える?

2019年5月30日、嬉しいニュースが出ましたね!

なんと、白血病の治療で重要な細胞を、コンビニでも売ってる液体のりを培養液にして増やすことに成功したとのことです。

今まで、高価な培養液でも増えなかった重要な細胞が、安価な液体のりで増えるのです!

専門家も『まさにコロンブスの卵だ』と驚いています。

今回は、ヤマトのりで白血病がなおる?株価上昇で株は買える?について書いていきます。

スポンサーリンク

ヤマトのりで白血病がなおる?

ヤマトのり,白血病

白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の液体のりの成分で培養できたという。白血病などの画期的な治療法につながる可能性があり、専門家は「まさにコロンブスの卵だ」と驚いている。

白血球や赤血球に変われる造血幹細胞は、0・5リットルで数万円するような培養液でも増やすことが難しい。このため、白血病の治療はドナーの骨髄や臍帯血(さいたいけつ)の移植に頼る場面が多かった。

東京大の山崎聡特任准教授らは、培養液の成分などをしらみつぶしに検討。その一つであるポリビニルアルコール(PVA)で培養したところ、幹細胞を数百倍にできたという。マウスに移植し、白血球などが実際に作られることも確認した。

PVAは洗濯のりや液体のりの主成分。山崎さんは実際、コンビニの液体のりでも培養できることを確認した。共著者で理化学研究所で細胞バンクを手がける中村幸夫室長は「結果を疑うほど驚いた。研究者はみんな目からウロコではないか」と話した。

大量培養できれば、臍帯血移植に使う造血幹細胞の不足が解消できたり、骨髄移植のためのドナーの負担を軽くできたりする可能性がある。別の幹細胞も培養できそうだといい、山崎さんは「再生医療や基礎研究に大きく貢献できるかも知れない」と話す。

論文は30日に英科学誌ネイチャー(https://www.nature.com/articles/s41586-019-1244-x)に掲載される。(合田禄)

引用:朝日新聞デジタル

今までは、ドナーの骨髄や臍帯血からの移植に頼ってきたのは、白血病の治療に重要な細胞を培養することができなかったからです。500mlで数万円もする培養液でも無理だったのです。

それが今回、数百円で売っている液体のりで成功したのです!

ということは、安価な液体のりを培養液にして、重要な細胞を作れることにより、ドナーをまったり、適合を考えることもなくなるのかもしれません。

白血病というと、血液のがんと言われているのは有名ですので、治りにくかったのが治るようになるのでしょう。素晴らしい発見ですね。

少し気になるのが、どうして液体のりをつかおうと思ったかですw

スポンサーリンク

ヤマトのり、株価上昇で株はどこで買える?

ヤマト糊の製造会社は、ヤマト株式会社です。ヤマト株式会社非上場企業ですので、市場で株を買うことはできません。残念です。

株式市場では、ヤマト という名称につられて、ヤマトと付く会社が、少し上がってるようですw

ヤマトのりで白血病がなおる?2ネットの声は?

この液体のりのパッケージ誰もが一度は目撃してお世話になったはず。
思わぬところでこういう日の目が当たるとは。
白血病に限らず膠原病や様々な病にこの培養が生かされて欲しい。

雲をつかむような試みだったんだろうな
簡単に液体のりって言っても、どれだけの成分量で効果あるかもあるだろうし、ある成分量で効果なければ見過ごしたりもするだろうし
こういう発見があると、すぐ他の廉価品で試せよとか言われるけど、まあどれだけ世の中に材料があるか
成果は讃えられるべきだけど、他はどうしたとかこの発見を他のことを貶めたり蔑むようなことに使われないことを祈る

こういう研究って、しらみつぶしにやるから結果はなかなか出ない。しかも、数千種類試したところで似たような結果しか出ない可能性もある。でも今回のように偉大な結果を生むこともある。研究とはこういうもので、はじめから上手くいきそうなものなんて少ないし、そういう研究は本当は価値が低い。なのに今の国の施策は、はじめから上手くいきそうなもの、上手くいっているものにお金を出すので、こういう研究がとてもしにくくなっている。

「PVAで細胞は増えます。」的な会見を涙ながらに研究員の人がするような結末だけは避けて欲しい…。

本当なら目からウロコ。灯台下暗し的な世紀の大発見だと思うが、こんな世の中にまだそんな発見が見つかる要素があったなんてそっちの方が驚きです。
不治の病とされている病気にも意外と近くにあるものが有効だったりするかもしれない。病気の恐怖に怯えることなく過ごせる世界がもうすぐそこまで来ているのかもしれませんね…???

凄い発見ですよね!もっと大々的に報道してほしい。早期実用化できることを祈ります。

関係者は本当に、目からうろこの驚きだなのだろうと思います。
なので、いつもながら製薬会社等の大きいモノににもみ消される事なく、費用の掛からぬ治療法が確立される事を素直に期待ししたいし、何ら関係の無い自分も実用化を待ち詫びてしまう。

暗澹たる思いを抱くニュースが多い中で、こういう明日への希望を感じる明るいニュースが聞けて嬉しいです。
素晴らしい発見をしてくださった方々に感謝します。

一人でも多くの方が一日も早く快方に向かいますよう、祈ります。

今や100均で購入できる液体のりが、難病である白血病に有効だとは…
早く池江璃花子さんに使って、東京オリンピックに出場させてやりたいですね。
某STAP細胞みたいな問題にならない事を祈ります。
せっかく毎日辛い治療を続けている患者さんたちに希望を持たせたのに…なんてならない事を切に望みます。
ぬか喜びだけは御免です。

これは凄い。つい最近認可された白血病治療薬も幹細胞を培養して体内に戻すが、この液体のりを使えば薬価も劇的に下げる事もできるのではないか。
今後の研究に期待したい。

今ある薬で他の効用があるかの調査も始まっていますし、コストだけでなく早く治療をはじめられるメリットが大きい。
治療を待つ人の中には時間に余裕がない人もいる。
こういった薬以外からの応用もどんどん行って早く治療が始められることを願う。

まとめ

一昔前は、がんも治らない病気でしたが、今は、治るがんもあります。

白血病も難しい病気ですが、この発見により前進するといいですよね。

秘湯、ネットの声で気になったのが、泣きながら、『~は、あります!』みたいな、ぬか喜びだけはごめんだ。という意見でした・・・・。