スポンサーリンク

旧優生保護法をわかりやすく解説!対象者や問題点とは?

皆さん、政治や法律について関心ありますか?最近話題になっているのが旧優生保護法という法律です。この旧優生保護法について対象などわかりやすく説明したいと思います。

というわけで今回は、「旧優生保護法をわかりやすく解説!対象者や問題点とは?」について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

旧優生保護法ってどんな法律?

「旧優生保護法」って法律、皆さんご存知ですか?耳にしたことありますか?

最近ニュースでも積極的に触れられているので、聞いたことある方もいらっしゃるかと思います。

いったいどんな法律なんでしょうか?この「旧優生保護法」について、できるだけ簡単にわかりやすく説明していきましょう。

「優生保護制度」とは、『「優れ生きる」を「保護」する制度』ということが調べたらわかりました。いきなり、難しい印象がありますが、「優れ生きる」?って、なんかとっても怖いですね。この言葉だけ聞けばぞくっとします。

「旧優生保護法」は、この言葉通り、優れている人のみ保護する?ってことは、優れてない人は、どうなっちゃうんでしょうか?

つまり、障害者の人々に不妊手術を強制したのが「旧優生保護法」なんですね。というのは、障害が遺伝すると考えられていたからです。

国が強制して不妊手術を行うなんて、、、しかも、これが「法律」で行うわけですから、かなり凄い法律なんです。

今、この法律が注目されたのは、この法律に対して強制不妊手術を行われた方達が、訴えを起こしているからですね。

手術の理由は、知的障害を理由にされたということです。なんとも恐ろしい法律ですね。

旧優生保護法は、1948年〜1996年まで施行されていました。1996年って今からまだ23年前には、この法律が通用していたということも恐ろしいですね。

スポンサーリンク

旧優生保護法ってなんのため?

この旧優生保護法ですが、いったいなんのために作られた法律なのでしょうか?

この法律が作られたのは、戦後間もない頃です。

第二次大戦に敗れた日本は、食料や物資も不足しとても貧しい環境てました。そんな中、復興に向け、ベビーブームが始まろうとしていた時代でもありました。食料も家も不足しているので、人口が増えると大変になりますよね。

そんな時代背景もあり、国としては、あの手この手いろいろ考えたわけですよ。つまりは、人口政策っていうものです。

国は、子供の生まれる数をコントロールしたかった。つまり減らしたかったのですね。更にどうせ生まれるなら健康で障害のない子供を生ませたいというのが狙いだったんです。

もう、一つの理由は、母体の女性の健康を維持する為ですね。

法的には、次のように明記されています。

『優生学上不良な遺伝のある者の出生を防止』

凄い文言です。本当に衝撃的な内容です。今のこのご時世では、全く考えられないような法律です。

「人間の多様性を認めない」という強制力のある支配的な法律だったわけですね。

戦争という背景から生み出された影響なんでしょうかね?時代による考え方の違いは人の人生をも左右します。

旧優生保護法の問題と対象者は?

旧優生保護法の問題点とはいったい何なのでしょうか?一言で言えば『格差』や『差別』となりますね。

その問題を知るには、対象を知る必要があります。対象者となるのは、次のような定義があります。

「優生学上不良な遺伝のある者」、、、。

これ、完全に今の時代であればアウトですよね。人権侵害そのものとなります。

旧優生保護法は、1948年に施行されました。既に70年近く以前になります。

具体的に対象とされたのは、遺伝性疾患、ハンセン病、精神障害などの方でした。

全国での実際に手術を受けたのは約84000人ということてます。その内ね約16500人が同意ともなく不妊手術をされたということなんです。

更に驚くべきことは、対象者のうち、未成年者がなんと926人もいたそうです。中には、9歳の女の子もいたという衝撃の事実もありました。

しかし、時代というのは、本当に恐ろしいものです。当時の価値観や一部の権力者の考えによってこんな法律か成り立つことこそ問題です。

どうにもならない、空気というのもあるのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、旧優生保護法について、わかりやすく説明したつもりですが、理解して頂けたでしょうか?

対象者となられた方には、いろいろと感じることがありません。現在の日本は平和社会のようですが、法律にも問題がまだまだあるようです。