スポンサーリンク

逆キツネポーズとはどんなポーズ?画像で知りたい!

逆キツネポーズ ニュース

最近多い、高齢者による車の事故、認知症や免許の返納ルールに関して多くの議論がされていますが、簡単チェックの逆キツネポーズなるものがあるそうです。

逆狐ポーズとはどんなポーズでしょうか?

今回は、逆キツネポーズってどんなポーズ?画像で知りたい!について書いてみました。

スポンサーリンク

逆キツネポーズがニュースになっています!

高齢者運転、7つの掟……「逆キツネポーズ」ができない人は要注意

高齢者の暴走運転を報じるニュースに、ウチの親は大丈夫か、と不安になる読者も多いだろう。そこで今回、高齢ドライバーこそ陥りやすい罠や注意点、免許返納を渋る老親の説得方法、それでも運転を続けたい場合はどうすればいいか……完全保存版でお届けする!(「週刊文春」5/23号より一部転載)

【表】高齢者運転「本当に危ない兆候10」

◆ ◆ ◆

75歳以上のドライバーによる死亡事故は前年に比べて急増

 東京・池袋の高架下、歩道に設置された献花台には今も100本を超える清涼飲料水のペットボトルが置かれ、その脇に50束ほどの花束が手向けられている。今からおよそ1カ月前の4月19日、87歳男性の暴走運転によって、母親と3歳の幼い娘が命を落とした。

「加害者の飯塚幸三氏は東大卒の元通産官僚。現在も入院中で逃亡の恐れもないため、逮捕はされていません。なぜ運転を止められなかったのか、と家族への批判の声も出た。死傷者は計10名で、損害賠償額は1億円を超える可能性もあります」(社会部記者)

この痛ましいニュースを見て、“ウチの親もハンドルを握り続けているが、本当に大丈夫だろうか”と不安に思った読者も多いだろう。実際、75歳以上のドライバーによる死亡事故は460件(18年)と、その前年に比べて42件増と急増しているのだ。

3年に一度の認知機能検査では不十分

「17年に道路交通法が改正され、75歳以上の高齢者は3年ごとに教習所などで認知機能検査を受けることが義務付けられた。免許更新は厳格化されたはずでしたが……」(同前)

検査は、16種類のイラストを見て、数分後に何が描かれていたかを答える問題など。49点未満だと認知症の疑いありとされ、医師の診断を受けなくてはならず、認知症と診断されると免許の更新ができなくなる。ところが昨年検査を受けた約217万人のうち、免許停止に至ったのは、僅か約2000人にとどまる。

脳と運転の研究を行う高知工科大学・朴啓彰(パクケチヤン)客員教授が警鐘を鳴らす。

「高齢者の認知機能は一気に低下することも多い。しかし認知機能検査は3年に一度なので、その変化に対応できません。また、運転に必要なとっさの判断も確かめようがないのです」

飯塚氏も85歳の時にこの検査を受け、問題ナシと診断されていた。だがその翌年、足を悪くするなど肉体の衰えが目立ち始めたという。(1)免許を更新したからといってお墨付きを得たわけではないのだ。

引用:文春オンライン

スポンサーリンク

逆キツネポーズとは?

逆キツネポーズは、空間認知能力を確かめることができるポーズです。やってみてうまくできなかった場合は空間認知能力が低下しているので要注意です。

引用:文春オンライン

逆キツネポーズにネットの声は?

高齢者の免許の更新には、認知症試験に実技を加えた方が良い。
また、認知症試験の内容を見てみたがこの内容で認知症がある無いを判断するのは机上の空論試験と感じた。
より実践的かつ強制力のある方法で実施した方が良いと思う。

問題は認知症ではなく“法規運転技術”の低下だと思う。
ここで“高齢者は~”とか“年齢制限を~”とか言っている方々も自動車運転の再試験を受けたら99.9%落ちるだろう。(受かるのは自動車学校の教官か試験場の検査官ぐらいだと思われる)
上記のように若い人も含めてそれぐらい法規運転を遵守していない。
免許を取ってすぐは法規運転を行うが年数が経つにつれて自分勝手な運転になっていくのが問題だと思われる。
対策として若いうちは3年に一度、高齢者は毎年実技試験を実施すればよいのではないかと思う。(当然上級国民パスは無し、また、落ちた場合は仮免許からやり直し)
こうすれば老若男女公平になると思われるがいかがでしょうか?

駐車場の警備をしてますが昨日、同僚が83歳の方に跳ねられました。
順番待ちで停止線で停止させてた所、いきなり急発進し、同僚をはね上げて駐車していた車に勢いよくぶつかり止まった。
ブレーキを踏んでたら勢いよく車が発進したと、警察の方に言ってましたが、そんな事あるかよ!って思いました。
しかも、逮捕するなら買い物してからにしてくれとか、後で警察署行くから先に行っててとか、自分のした事をしっかりと認識してない様子。
免許証の返納次期を作って欲しいしと思った

最近は、本当に ここで言われているようなドライバーが増えた。明らかに、運転に余裕がない、自分の行く方向の事しか考えられない、ノロノロ運転しているのに 頻繁にブレーキを踏んだり、フラフラ運転や速度が上がったり下がったりするような運転は、後ろを走っているドライバーには 非常にイライラしてくる。 公道を走るなら、それなりの運転技術を得るために もっと練習してくれと言いたくなる。 高齢者だから仕方がないというのではなく、高齢者でも 回りの流れにのれる位の運転技術や判断能力があるなら 運転しても構わないと思うので、乗り続けたいなら、どんどん練習して 技術低下を補ったほうがいいと思う。

基本的に高齢者の問題は、運転技能や能力が落ちているのに、
「自分は大丈夫」と根拠のない自信を持っていることにある。
それを認識させるためにも、75歳でいったん運転免許を無効にして、
その後は免許の更新は年1回で認知症検査と技能検査を義務付ける。
その検査で問題があれば、免許は更新しない。
それくらいの措置が必要だと思う。
それに毎年更新だと面倒くさいと思って、免許返納が増えるかも。

忘れ物が増えはじめ、ミスが重なり日常的に。指摘すると、否定的になり認めないパターンは認知症の始まりの可能性も。車の運転は道が一瞬わからなくなったり、キズやへこみが増えウィンカーの出しっぱなしは、音が聞こえていません。指摘するとおこりだし認めない。大きな事故をおこす前兆の可能性は非常に高い段階にも関わらず指摘を聞き入れない人は、話し合いになりません。もう正確な判断が私生活も車の運転も難しい状態。ただ、その症状は常にではなく現れたり消えたり等の本人は自覚していないようなのが、まわりを困惑させます。早く気付ける人は注意深い人。本人に納得してもらうには警察や病院の先生の厳しいジャッジが必要。暴走する可能性のある方は、まだまだこれから増えてしまう。

問題は高齢者だけではない。
最近の教習所は、評判を気にして厳しく指導しない。
ネット検索すれば簡単だ。
合格がすぐに出る教習所ランクが見つかる。
客商売だから理解はできるが、そんなに簡単に実地試験免除のお墨付きを与えないでくれ。

飛び込みで実地試験をパスした我らからすれば、教習所卒者は殺人ドライバーの何者でもない。
よくそれで運転ができるなぁと感心する。

俺が運転訓練に費やした時間は教習所の非ではない。
それでも、1回ではパスしない。どれだけきっちりでも両手の回数くらいは不合格にする。それが慣例だからな。

もっと訓練しろよ。

リスク相当分の任意保険料を徴収すべき。また、強制保険も75歳以上のドライバーからは負担を増やし事故率が低い40~50代の負担を減らして欲しいものです。維持費が高くて車を持つよりバスやタクシーの補助を受けた方が結果的にお得に感じるような制度にすれば返納者も増えていくはずです。

高齢者を一律に評価するのは問題だ、この時期 個人差が大きい、地域特性、田舎と都会では当然、道路 交通事情が違う、運転する車種でも安全性が異なる。高齢者はMTで免許取得して、運転暦も長いだろう、AT車は却って不慣れ危険性が増す。・・歳を取ったらAT車を運転するなと言いたい。

ある程度の年齢になったら、せめて一年に一度の更新とか、更新サイクルを短くしてほしい。
近所のお爺さんが車をよくぶつけて帰ってくるようになり、息子の勧めで免許返納していた。
家族の日頃の観察や、場合によっては強い説得も大事。

高齢者の運転への自信は過信でしかないなぁ。
感覚が鈍くなるのって、何年わかると思うねんけど運転は逆で高齢の方が自信出てくる。
全くタチが悪い。

こういう高齢者は周囲の忠告など聞きません。
古代中国の秦の始皇帝みたいに自分自身は永久不滅で不老不死と思っており、身体は衰えているのに、衰えた事実すら把握できないばかりか、衰えれば衰えるほど気分だけ若くなり、実態に合わなくなります。
認知テストなどを勧めても、ああいえばこういう式に回避し、低い点数を突きつけられると「こんなもんあてにならない」と自己正当化します。
運転に限らず、お金の管理や火の用心などありとあらゆるところで自信過剰になります。

50キロ制限の道路を40キロ切ってノロノロ走る枯葉マークの車の後ろ付いてしまったら枯葉マーク自分も行こうとしてたスーパー駐車場に左折。
入った途端にありえないスピード(15〜20キロ)で駐車場内を爆走…
日曜のスーパー駐車場なんか子供が車の間から飛び出して来るのになんで?と不思議だったが脳萎縮でそういうことが想像できなくなってるんだね。

逆きつねポーズ
思わず やってみました

大丈夫でした(笑)

50過ぎただけで
あ~ こんな能力
衰えて来たな~って
感じる事がある

過信する事なく
素直に
その時が来たら
返そうと思ってます

近所の おじぃちゃんが
軽く事故ってるのを見た時から
ずっと思っていました

キツネポーズって何ですか?

キツネポーズ自体ができない俺は免許返納か・・・。

狐のポーズって中指と薬指くっ付けてその二本を親指で下から支えるやつですよね?それ以外の狐のポーズ知らない

スポンサーリンク

まとめ

本当に最近高齢者の事故が多発しています。みんな揃って、ブレーキを踏んだつもりだった、といいますよね。

焦っちゃうとパニックになって身体と頭がついてこないのでしょう。

一昔前の、サイドブレーキがレバーを引くタイプだと、サイドブレーキを引けば止まるので少しはましになるのはないかと思うのですが、どうでしょうか。