スポンサーリンク

【グラメゾ】グランメゾン東京のキャスト・パティシエの松井萌絵役は吉谷彩子!過去の出演作品や経歴は?

グラメゾ グランメゾン東京 グランメゾン東京

「グランメゾン東京」に出演されている吉谷彩子さん。小さいころから子役をされていたようで、芸能歴は長いみたいです。

過去の出演作品や経歴はどんな感じなんでしょうか?

現在「グランメゾン東京」に出演されていますが、どんな役柄で、素顔はどんな方なのか?

今回は、グランメゾン東京のキャスト・パティシエの松井萌絵役は吉谷彩子!過去の出演作品や経歴は?について調べてみました。

スポンサーリンク
 

【グラメゾ】グランメゾン東京のキャスト・パティシエの松井萌絵役は吉谷彩子の役柄は?

「グランメゾン東京」では、生意気なパティシエ役をされている吉谷彩子さん。

ぱっと見の雰囲気からは、天然でとりあえず「スイーツを作れたらいい」って感じのパティシエかと思っていたら、回を重ねるごとに「あっ、なんか違う」と思っちゃいました。

玉森裕太さん演じる「平古」とは違う感じのプライドの高い、生意気で自信たっぷりの「自分にできないことはない」みたいな役柄ですよね。

でも、その自信が「グランメゾン東京」という料理場に行って、自分よがりなスイーツを作っていたと分かり、初めての壁にぶつかったって感じの役柄ですね。

 

その壁にぶつかって悩み、「平古」と一緒に料理にあったスイーツを作り、「一歩歩めた」的な印象をうけました。

これから、どんな成長をされるんでしょうね。

スポンサーリンク

【グラメゾ】グランメゾン東京のキャスト・パティシエの松井萌絵役は吉谷彩子の過去の出演作品は?

吉谷綾子さんは、小さいころから子役をされていたようです。

5歳の時である1996年に「最後の家族」というドラマに出演をされたのを皮切りに、サスペンスドラマ、10歳の時に大河ドラマ「北条時宗」、11歳の時に「利家とまつ」で幼少時代を演じ、12歳に「八重の桜」の25~28話に出演をされていました。

2010年には連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」、2012年に「梅ちゃん先生」に出演をされています。

 

また、ドラマでは人気の「絶対零度」、「遺留捜査」、「陸王」、「おっさんずラブ」、「ストロベリーナイト・サーガ」に出演しており、映画では「君に届け」、「雷桜」、「GANTZ」、「イニシエーションラブ」と書ききれないくらい出演されています。

早口のセリフを言い、最後に転職サイト「ビズリーチ」というインパクトのあるCMに出ていらっしゃいます。個人的には「あ、あの子なんだ!」と思いました(笑)

 

ドラマや映画、CM、PV等、多岐にわたって出演されています。

スポンサーリンク

【グラメゾ】グランメゾン東京のキャスト・パティシエの松井萌絵役は吉谷彩子の経歴プロフィールは?

吉谷綾子さんは、千葉県出身の1991年9月26日生まれで、現在28歳です。

身長は155㎝と小柄で、血液型はAB型です。

日本大学芸術学部映画学科演技コースを卒業されています。

子役としていろいろなドラマに出演をされていた吉谷彩子さんですが、中学校から高校にかけては学業が優先だったようです。

二足のわらじでは「日本大学演技コース」にはなかなか入学できないんでしょうね。

努力のたまものだと思います。

小栗旬さん、田中圭さん、木村文乃さんなど、人気俳優さんたちが多数所属されているトライストーン・エンターテイメントに所属されています。

スポンサーリンク

まとめ

まず、「グランメゾン東京」でパティシエ役をしている吉谷彩子さんをみて「ビズリーチ」のCMに出ている子とは一致しませんでした。「ビズリーチ」のCMでは、最後のフレーズがなぜか記憶に残ってさわやかな女の子のイメージがありました。

が、「グランメゾン東京」では真逆の生意気なイマドキ女子の役柄をされていて、そのギャップに「同一人物!」なんだと驚きました。

 

その他、いろいろな分野のドラマや映画に出演されているということがわかりました。個人的に、ちょこちょこドラマなどに出演をされていますが、「あっ、この子何かでみたけど、なんだったけ?」という感じではありますが、作品を改めてみると「この役、吉谷彩子さんだったんだ!」と納得する人だと思いました。どのドラマや映画に出演をされても「同じ様な演技」をしていないからなんでしょうね。

中には何の役柄を与えても〇〇だって思う人いますよね(笑)

 

これからもどんどんドラマや映画、バライティ番組とかにも出演をされ人気上昇される女優さんだと思いますので、注目していきたいと思います!