スポンサーリンク

【グラメゾ】グランメゾン東京3話の最後にキッチンにいたイケメン男性はだれ?

グランメゾン東京

毎週日曜の夜9時から放送の木村拓哉主演ドラマ、TBS系日曜劇場「グランメゾン東京」の11月3日(日)から、アッと驚くイケメン俳優が出演されていました。

 

グランメゾン東京3話でドラマの最後をまるで美しく飾るかのように華を添えた演技をしていたイケメン俳優は誰?

 

そこで今回は「グランメゾン東京3話の最後にキッチンにいたイケメン男性はだれ?」と題して徹底調査に入ります。

 

スポンサーリンク

グランメゾン東京3話の最後にキッチンにいたイケメン男性の役はどんな役?

まずはグランメゾン東京3話の最後キッチンにいためちゃクチャカッコいいイケメン男性の役柄について調べていきます。

 

「グランメゾン東京」のようなある程度大きな店では、「シェフ」でも「シェフ(総料理長)」・「部門シェフ」・「スーシェフ」というようないくつかの職位があるようです。

 

料理で肉料理に魚料理と各専門で別れていたとしますと、その各専門の料理人たちををまとめる長が「部門シェフ」なんです。「部門シェフ」の下には一般の料理人と見習いが所属し、指示を受けながら料理するようです。

 

3話の最後キッチンにいためちゃクチャカッコいいイケメン男性の役は部門シェフの柿谷光(かきたに・ひかる)!!

 

ネタバレ?となりますが、柿谷光にはある秘密があるようで、次回4話以降で次第に秘密が明らかになっていくみたいですよ。

スポンサーリンク

グランメゾン東京 柿谷光役の大貫勇輔はどんな人?プロフィールや出演作は?

グランメゾン東京の柿谷光役は大貫勇輔さんということがわかりましたが、大貫勇輔さんってどんな人??ここからは大貫勇輔さんのプロフィールや出演作について調べていきます。

 

大貫勇輔さんのプロフィールから紹介いたします。

  • 生年月日:1988年8月31日
  • 年齢:31歳(2019年11月現在)
  • 出生地:神奈川県座間市
  • 身長/体重:180cm/79kg
  • 職業:ダンサー・俳優
  • 所属事務所:ホリプロ
  • 趣味:旅行・映画鑑賞

主な出演作品で舞台では、『100万回生きたねこ』(2013)、『朗読劇 私の頭の中の消しゴム7th letter』(2015)

 

CMでは、『KIRIN ワインスプリッツア!』(2012)、『Sky株式会社「仲間となら篇」』(2018年)

 

テレビドラマでは、『半沢直樹』(2013)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(2014)、『隣の女』(2014年)、『高嶺の花』(2018年)、『ルパンの娘』(2019年)

 

スポンサーリンク

大貫勇輔ってルパンの娘の円城寺?

上記にも書きましたが「そうなんです!!」2019年7月期ドラマ「ルパンの娘」では歌って踊れる泥棒の役柄で話題を集めたのが柿谷光の大貫勇輔さんなんです。

 

私自身「ルパンの娘」は全話リアルタイムで観させていただきましたが、何が楽しみかって?もちろんイケメン大貫勇輔さんのあの素晴らしい歌声とキレの良いダンス!

 

もう毎週毎週木曜日が待ち遠しくて早く10時にならないかな〜って思っておりました。なんならドラマの中で深キョンと結ばれて欲しいとさえ願うほどでしたよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は「グランメゾン東京3話の最後にキッチンにいたイケメン男性はだれ?」について書いてきました。

 

木村拓哉さんももちろんカッコイイですが、大貫勇輔さんがカッコよすぎでもう来週が待てない!(私のケイタイ待ち受けが大貫勇輔さんって、ここでバラしていいのであろうか?)