スポンサーリンク

【グラメゾ】グランメゾン東京3話のあらすじ・ネタバレ感想!最後の男は誰?

グラメゾ グランメゾン東京 グランメゾン東京

木村拓哉さん主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)の第3が2019年11月3日にオンエアされました。

今回はジビエ料理対決とあって、なかなか面白い展開となりました。新キャラも登場し、ますます気になる今後です。

変な関西弁のあの男や最後のイケメンは誰?

というわけで今回は「【グラメゾ】グランメゾン東京3話のあらすじ・ネタバレ感想!最後の男は誰?」について詳しく紹介致します。

スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京3話のあらすじとネタバレ!

『グランメゾン東京』11/3(日) #3 ついにプレオープン!! 更なる試練が…!?【TBS】

尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑んでいた。しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。
そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。
最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。
そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。

「gaku」とは雲泥の差の食材を使い、どう料理を作るか…尾花は必死に向き合う。
しかし、迫り来る期日…ついにコンクールの日を迎えてしまう。
不利な状況でも「グランメゾン東京」は「gaku」に勝つことができるのか!?

スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京3話でわかったこと。

ドラマ グランメゾン東京3話でわかったことをまとめてみました。

  • 京野は倫子のことが気になる?
  • 尾花が相沢の娘の為にキャラ弁を作った
  • 相沢がグランメゾン東京に正式加入
  • ジビエ猟師、峰岸が「グランメゾン東京」に食材を提供することに
  • リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)は尾花の元恋人
スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京3話の感想と見どころと最後のイケメン男は誰?

最後にしれっとキッチンにいたイケメン男性はだれ?とネットでも話題になっていますね。

どこかでみたことがある!って人も多いのではないでしょうか?

彼は、「ルパンの娘」にも出ていた円城寺役の大貫勇輔さんです。

来週からレギュラー出演でしょうか?

【グラメゾ】グランメゾン東京3話の最後にキッチンにいたイケメン男性はだれ?
毎週日曜の夜9時から放送の木村拓哉主演ドラマ、TBS系日曜劇場「グランメゾン東京」の11月3日(日)から、アッと驚くイケメン俳優が出演されていました。 グランメゾン東京3話でドラマの最後をまるで美しく飾るかのように華を...

回を増すごとに面白さを増す「グランメゾン東京」ですが、今回の第3話もなかなか面白かったですね。

そして、今回もいろいろとわかったことがありましたね。

しかし料理のシーンは、本当にダイナミックで美しいですね。

今回の料理は、肉料理(ジビエ)料理ということで、なかなか熱のこもった内容でしたね。

第三話からは、チームとしての話しが色濃くなってきたような感じがします。

木村拓哉さん主演だと、いわゆる「キムタク」ドラマとなってしまいがちですが、今回の「グランメゾン東京」は、これまでのキムタクドラマの路線は残しつつも、これまでとは違うドラマとも言えます。

キムタク演じる尾花夏樹は、やはりちょっと変わり者で、料理に対しては純粋ですが、チームリーダーとしては微妙な面があります。

会社や組織で言えばマネージャーには全く向いていませんが、頑固な職人としては素晴らしい技術の持ち主であるのは、確かです。

尾花夏樹のキャラクターは、ザ・キムタクとも言えるキャラ設定ですが、なぜそれほどマンネリ感を感じないのは、その他のキャストにもスポットが当たるからではないでしょうか。

特に今回は、及川光博さん演じる相沢がグイグイとチームに加わってきましたね。

1人になって料理研究家として成功しているのにも関わらず、自然と尾花達に惹き付けられた感じがしています。

なんだかんだ言っても尾花は相沢のことを、相沢は尾花のことを認めているのですね。

やはり、昔の仲間というのは、わかりあってる分、家族のような感じなんですかね。

最終的に相沢は、グランメゾン東京に正式参加することになりましたね。意外とあっさり参加したんですが、尾花が相沢の娘の為に作ったキャラ弁当が効いたんですかね。

なかなか、憎い演出でしたね。自分ができること、そして自分の持てる技を使って人を惹き付けることができる尾花は、やっぱり凄いですね。

そして京野は、どうやら倫子のことが気になるようですね。倫子と尾花はくっつく感じはしませんが、京野と倫子は、くっつくんじゃないですかね。

今回初登場の伝説のジビエ猟師、峰岸を演じた石丸幹二さんも存在感ある演技でキャラにマッチしてましたね!

さらに、その妻役、どこのおばさんかと思ったら、なんと!椿鬼奴さんではないですか!

ちょい役にも関わらず、大物のキャスティングでしたね。

そしてそして、主役を喰ってしまいそうな強烈なキャラクターを演じる、「gaku」オーナーの江藤(手塚とおる)が、今回も嫌らしく仕掛けてきましたね!

しかも今回、その江藤が埼玉県人であることがわかりました!あの関西弁は商談の為だったとは!しかし、あの関西弁はないですね。

スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京の今後の予想

『グランメゾン東京』11/10(日) #4 ついにプレオープン 最初の客が最大の敵!?【TBS】

来週は、いよいよデザート編ですね。尾花の戻り恋人の登場。そしてデザートによる師弟対決が見物ですね。

今後、ライバル「gaku」のシェフ丹後の動向も気になります。出来レースだったジビエ対決に憤りを隠せない丹後は、今後どのように動くのか、非常に気になります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はドラマ「グランメゾン東京」3話のあらすじ、ネタバレや感想!最後のイケメンは誰?」についてまとめてみました。

少しずつ、オープンへと進んでいき、これからが本番という感じがしました。

気になるのは、最後のイケメンですね?いったい誰なんでしょうか?