スポンサーリンク

「タイマンしよう」荒川河川敷で決闘の16歳の高校生の顔や名前や学校は?賛成の意見も多数あり!

ニュース

2019年10月30日、高校1年生の少年二人が書類送検されました。

容疑は、今年の1月に東京荒川区の河川敷で決闘をした疑いです。

タイマンしよう、とうr-るを決めて決闘したようです。

イマドキ珍しいですよね。どんな二人だったのでしょうか?

今回は、「タイマンしよう」荒川河川敷で決闘の16歳の高校生の顔や名前や学校は?について調べてみました。

スポンサーリンク

「タイマンしよう」荒川河川敷で決闘の16歳の高校生の顔や名前や学校は?のニュース詳細は?

SNSで「タイマンしよう」と持ちかけ、東京・足立区の荒川河川敷で決闘を行ったとして16歳の少年2人が書類送検された。

決闘と傷害の疑いで書類送検されたのは、東京都内の高校1年生の少年2人。警視庁によると、ことし1月、少年の1人がもう1人の交際相手をバカにしたことでトラブルになり、SNSで「タイマンしよう」と持ちかけ、足立区の荒川河川敷で1対1の決闘をした疑いなどがもたれている。

少年らは、「凶器を持っていないか持ち物検査をする」「ギブアップするまでやる」「ケガをしても被害届は出さない」とルールを決めて決闘を始めたが、通行人からの通報を受けて、警察官が駆けつけると、その場から逃走していた。

調べに対し、少年2人は容疑を認めているという。

引用:日本テレビNNN

交際相手のことをバカにされたことがトラブルの原因ということです。

バカにされた少年がSNSで、タイマンしよう、ともちかけ、

  • 凶器を持っていないか持ち物検査をする
  • ギブアップするまでやる
  • ケガをしても被害届は出さない

3つのルールを決めて決闘したとのことです。

スポンサーリンク

荒川河川敷で決闘の16歳の高校生の顔や名前や学校は?

未成年ということもあり、現在、公表されていることはありません。

学校や名前等も一切公表されていません。

ネット特定班のお仕事完了次第、追記したいと思います。

「タイマンしよう」荒川河川敷で決闘の16歳の高校生の顔や名前や学校は?にみんなの声は?

 

  • いやいや、ある意味良いと思う。

    陰湿なイジメや、裏工作をしてくだらない事をしている阿保な輩が横行している昨今、素晴らしいと感じるのだが。

    逆にイジメやらやっている人間を書類送検すべき!!

    タイマンで武器も持たず、ギブアップ有りでお互い納得出来てやるのだから、非常にシンプルで良い。

    書類送検なんてしないで、注意ぐらいで良いと思うのだが…

    またタイマンの理由も良いではないか!

  • 今の社会、行為そのものは決して良くはないけど、お互いに武器を持たずに正々堂々ってところは素晴らしいではないか。武士道精神そのものだからこの青年には将来を期待したい。

  • 意外に肯定の意見が多いんですね。
    熱くなりすぎて死亡とかいう結末になっていたらだいぶ意見も変わっただろうけど。

    暴力で解決するのはいいとは思いません。
    もっと小さい子が見て真似して大きな怪我をする可能性もあるし。
    凶器を使わなければ良い喧嘩という価値観を持つ時代に生まれなくてよかった。

  • 正々堂々とやるなら良いと思う。

    ただ普通はそういうのを目撃したら通報するよな〜。

    相撲を取るとかボクシングとかで決着つけたほうが良かったのでは。

  • 決闘罪。そんな名の法律もあるがこの場合、例にとらわれず大目に見てもいいような気もする。
    みんなこんなもんじゃない。青春の一部。
    割とルールもしっかりしているし、注意のみで見逃してもいい気がするが。

  • 個人的には別にいいべと思うし、殴り殴られ痛みを知ることも必要だと言われた時代は確かにあった。
    けど、今それらは全て御法度となり、みんな聖人君子気取りの大人世論に満ちてしまっていますから、法に則って平穏に生活を送るしかないようです。

  • 警官含め、周りの大人が良い感じで諭してくれたことを願うなぁ。。
    だめなことはだめだけど。ちゃんと話を聞いてやって。話が通じる子たちではなかろうか。

  • なぜ、肯定する意見が多いのか理解できない。

    内容や事情はどうあれ、「決闘自体が犯罪」であるから、「決闘というスタイルを取ったこと」が誤り。

    「凶器を持っていないか持ち物検査をする」、「ギブアップするまでやる」等のルールを設定する「対決」ならば何も実力行使に限らず他の手段で競うべきだった。

    一方で、「ケガをしても被害届は出さない」というのは、「決闘と言うのが悪い(後ろめたい)こと」、「事がバレたくない」という魂胆に見える。

    故に、「決闘」というスタイルを取ったことに関しては肯定または擁護することはできない。

    これを肯定または擁護するとなると、それは「犯罪行為を肯定または推奨していることになる」から、これは妥当ではない。

    それに気付かないまたは気付いても改めないようなら、それは「犯罪者の理論」または「犯罪者予備軍」と言える。

  • 決着がつく前に通報され逃走するという結果にはなったが、ルールを決めて正々堂々と戦う態度は良い。清々しい「決闘・傷害事件」だった。

  • 和だね。ガッツがあるね。
    この御時世、非常に珍しい事ですね。
    暴力はいけませんが、自分達で何某の決着を付けようとする根性はいいですね。
    まぁ、喧嘩両成敗で遺恨を残さなければ。