スポンサーリンク

【グラメゾ】グランメゾン東京2話のあらすじ・ネタバレ感想!平古役・玉森裕太のツンデレに反響

グラメゾ グランメゾン東京 グランメゾン東京

木村拓哉さん主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話が2019年10月27日にオンエアされました。

第2話は、いよいよ開店に向けて具体的に動き出しました。そして今回、玉森裕太さん演じる平古のツンデレぶりが話題となっています。

というわけで今回は「ドラマ グランメゾン東京2話のあらすじ・ネタバレ感想!平古役・玉森裕太のツンデレに反響」について詳しく紹介致します。

スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京2話のあらすじとネタバレ!平古役・玉森裕太のツンデレに反響

オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。だが早速大きな壁にぶちあたっていた。開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。

一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。
そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。
尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。窮地の中、京野はある秘策を思いつく。それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。そこで、無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められてしまう―。
それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。
はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか?

グランメゾン開店に向けて資金調達に奔走する京野。

元手が全くないことから5千万を工面するのには、苦戦を強いられていました。

どこの銀行にも断られていた理由は、看板になるような有名シェフが居ないからという理由でした。

そこで京野は、有名なシェフを引っ張ると言い、昔の仲間、料理研究家として成功していて知名度もある相沢の元へ向かいます。

そして相沢の自宅に行くことになり、相沢は妻が出ていったしまったことを告白する。その為、一人娘のメアリの為、レストランは出来ないと告げる。

開店資金に苦戦する京野は、「guku」の取引先の信用金庫の汐瀬に融資を頼網とするが、、、。

ドラマ グランメゾン東京2話でわかったこと。

ドラマ 「グランメゾン東京」2話を見てわかったことまとめてみました。

  • 有名なシェフの名前がないことを理由に銀行からの融資を受けられずにピンチななる
  • 「guku」在籍時の人脈を使い汐瀬に融資を頼む京野
  • 相沢は妻が出て行ってしまったことを告げる
  • 尾花は日本人の舌に合う料理を考える
  • 尾花が茄子料理を使ったのは、相沢を引き込む為?
  • 京野の借金返済には、倫子の母の保険金が使われた。
  • 倫子は愛人の子だった
  • 倫子は、自宅を担保に融資を頼みこむ
  • 融資を受けることが出来たのは、実は平古の口添えのおかげ
スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京2話の感想と見どころ

第2話も華麗な料理のシーンに圧倒されてしまいました。お皿の上の料理は、まさに芸術品。

木村拓哉さんの料理シーンも手際が良いと話題になっています。さすがビストロスマップで腕を磨いてきただけのことはありますね。

第2話は、前回の出会いの回からお店開店に向け物語が進行すると共にキャラクターの過去の様々なこともわかってきましたね。

結局、尾花は過去の仲間たちからフォローされながら、なんとか前進することができました。

表向きは、尾花のことを嫌っているかつての仲間たちも、きっと料理人としての尾花の実力は認めていることがわかります。

きっと憎めないキャラクターなのだと思います。そして、ほっとけない存在でありつつ、周りの人間を動かしてしまう行動力が尾花にはあるのではないでしょうか。

こだわりが強く頑固で人の意見を聞かなかった尾花は、倫子と出会ったことにより変化が現れたようです。

回が進むごとにチームワークはよくなりそうです。ラストでの倫子の言葉には、胸が熱くなりました。

そして玉森裕太さん演じる平古のツンデレぶりがネットでも話題になりました。

https://twitter.com/jM6LnkbBLz8UwPQ/status/1188880546799050752

 

尾花の作ったソースをゴミ箱に捨てたのに取っておき、改良するなんて、やはり尾花のことは好きなんでしょうね。

早いうちに仲間入りするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京の今後の予想

今後は、「グランメゾン東京」がいよいよオープンし、本格的に自分たちの城で勝負される姿が描かれることでしょう。

そしてなんだかんだ言ってかつての仲間は、グランメゾン東京に合流するのではないでしょうか。

多分、相沢の元に妻が戻り、グランメゾン東京には支障がなくなるはず。

気になるのは、平古の彼女の父親。結局、政治家である父親の一声で銀行が動いたのでしょうが、平古が彼女と別れたことによって今度はグランメゾン東京を潰しにかかる構図が予想できます。

そして次回は、メインディッシュとなる肉料理のバトルが展開されます。

おそらく丹後と尾花は、平行線のままずっとライバル関係で話しは続くのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はドラマ「グランメゾン東京」2話のあらすじ、ネタバレや感想!平古役・玉森裕太のツンデレに反響についてまとめてみました。

木村拓哉さん演じる主人公尾花の他のキャラクターのこともいろいろわかってきましたね。

回を増すごとに面白さを増す「グランメゾン東京」にもう夢中です。