スポンサーリンク

【グラメゾ】グランメゾン東京1話のあらすじ・ネタバレ感想!オーナーの怪しすぎる関西弁

グラメゾ グランメゾン東京 グランメゾン東京

木村拓哉さん主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が2019年10月20日にオンエアされました。

TBSの日曜21時枠というのは、大人に受けるヒットドラマが数多く生まれていますが、「グランメゾン東京」もヒット作となるでしょうか?

第1話の平均視聴率は12・4%とそこそこの数字を叩き出しました。

というわけで今回は「ドラマ グランメゾン東京1話のあらすじ・ネタバレ感想!オーナーの怪しすぎる関西弁」について詳しく紹介致します。

スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京1話のあらすじとネタバレ!オーナーの怪しすぎる関西弁

舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある一人の男と出会う。

その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。

その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。
そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。
その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。

パリで開店したフランス料理店で2つ星を獲得したほどの天才シェフ尾花夏樹が慢心や事件により店も仲間も失い再起をはかろうとする大人の青春ストーリー。

木村拓哉さん演じる主人公、尾花夏樹を中心に物語は動き出します。

豪華キャストと初回は美しいパリの街並と見た目も鮮やかな料理に目を惹きつけられます。

そして主役を食うような、脇キャラとして登場する手塚とおるさん演じる不気味なオーナー、そして怪しい関西弁が物語に強烈なスパイスを与えています。

木村拓哉さんの活躍ももちろんですが、怪優、手塚とおるさんの演技にも注目です。

スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京1話でわかったこと。

ドラマ グランメゾン東京1話を見て、わかったことをまとめてみました。

  • 尾花夏樹は天才料理人
  • 「エスコフィユ」の解散原因は首脳会談の席でアレルギー食材を出したこと
  • さらに尾花夏樹は官僚を殴ってしまい逮捕された。
  • 尾花夏樹が官僚を殴ったのは、仲間を馬鹿にされたから
  • ランブロワジーの面接を受ける倫子と出会い、アドバイスをおくった尾花
  • 元同僚たちに嫌われている尾花
  • 京野の借金を倫子が肩代わりして引き抜いた
  • 尾花、倫子、京野で三ツ星を目指す「グランメゾン東京」を作ることに
スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京1話の感想と見どころ

スーパーアイドル「キムタク」こと木村拓哉さん主演の令和初の主演ドラマとして何かと話題な作品です。

毎回、木村拓哉さんのドラマは、なんだかんだ注目されるのですが、注目度が高いだけにどうしても気になっちゃう作品です。

最近のドラマや映画は、漫画や小説などの何かしらの元ネタがあるのが普通だったりしますが、「グランメゾン東京」は、脚本家 黒岩勉さんの完全オリジナル作品。

つまりネタバレがないだけに、ラストが予想しにくいのです。

実は「グランメゾン東京」の第1話のオンエア日は、「ラグビーワールドカップ2019 日本 対 南アフリカ」と被るとされていたので初回から苦戦するのでは?と思われていましたがプロ野球中継が延長したことから、放映時間が21時50分からとなり、丸被りは回避することができたのです。

そのことから、視聴率もそこそこで、スタートは平均視聴率は12・4%の2桁を取ることができました。

そんなことから幸先良くスタートを切ったのは、運も
味方しているのではないかと思います。

1話を見て感想は、素直に「面白い」作品だなと感じた方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今秋も様々なドラマが既にスタートしていますが、その中でもナンバーワンの面白いドラマではないでしょうか。

キムタクさんの演技は、相変わらずですが、脇を固めるキャストの個性と存在感が際立っています。

キムタクドラマでありつつ、大人のドラマとして見応えが十分にある作品です。

スポンサーリンク

ドラマ グランメゾン東京の今後の予想

第1話から最終回まで紆余曲折ありながらも、最後にはハッピーエンドになるのではないでしょうか。

離れていった仲間が回を重ねる毎に戻ってきて、グランメゾン東京を成功へと導くのではないでしょうか?

そしてグランメゾン東京が三ツ星をとった後、尾花夏樹は店から去っていくなんて結末はどうでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はドラマ「グランメゾン東京」1話のあらすじ、ネタバレや感想!オーナーのオーナーの怪しすぎる関西弁!についてまとめてみました。

キムタクさんはやはり、カッコいいですが、それでも今回脇キャラを演じる手塚とおるさんの怪しい関西弁はインパクト絶大でしたね。