スポンサーリンク

台風18号接近はいつ?九州西部・山陰地方に接近で上陸する可能性、大阪も警戒を!2019年

ニュース

9月26日夜8時過ぎに台風18号が発生、10月2日~3日あたりに九州西部・山陰地方に接近し上陸する可能性ありで大阪も警戒が必要か?というニュースが流れてきました。

 

台風18号のたまごの大きさや勢力に、日本上陸がいつなのか?などなどもっと詳しい情報が知りたい!

 

そこで今回は「2019年台風18号接近はいつ?九州西部・山陰地方に接近で上陸する可能性、大阪も警戒を!」と題しまして調べまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年台風18号のたまごの大きさや勢力は?

 

これは9月26日早朝の米海軍Simulationからの資料です。

 

まだ予測の勢力となりますが、950hPa以上というような非常に強い台風であると言われています。なので日本へ接近した時は想像を超える被害がでる可能性あり!十分な警戒が必要となりますね。

 

また最新9月28日の予報となりますが、存在地域はフィリピンの東で進行方向に速さは西北西 25km/h(14kt)、中心気圧996hPa・中心付近の最大風速20m/s(40kt)・最大瞬間風速30m/s(60kt)となっています。

スポンサーリンク

2019年台風18号たまご日本上陸はいつ?

一番の気になる台風18号が日本へ接近するのがいつなのか?ですが、

 

ヨーロッパ中期予報センターの予想では9月25日時点でこのように表しています。(黄色・緑が風の強さ)

 

日本の下にある低気圧が台風に変わり日本海側を抜けていくのではないか、というのがヨーロッパ中期予報センターの予想のようです。

https://twitter.com/SushiCujira/status/1176055122117320706?s=20

やはり日本上陸は10月1日から2日にかけての10月頭に上陸という意見が多いようです。

 

そしてさらに新しい情報追加となりますが、

2019年9月27日追記:28日(土)までに日本の南にある熱帯低気圧が台風18号へ変わる見込みとなっています。

 

スポンサーリンク

2019年台風18号たまごの進路予想は?

 

ただ、他の国が出している進路予想は日本の四国から大阪のあたりを抜けていくのではないか?という予想がとても多いようですね。

 

スポンサーリンク

2019年台風18号たまごの名前が決定!

まだ完全に台風になっていないのになんと、2019年台風18号たまごに名前が付けられたようですよ。

 

その名前は「ミートク」!命名はミクロネシアでミートクの由来は女性の名前なんだそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「2019年台風18号接近はいつ?九州西部・山陰地方に接近で上陸する可能性、大阪も警戒を!」について書いてきました。

 

わたくし一戸建ての家を貸しているのですが、先日駅前不動産から電話がかかってきて、借主さんが「前回の台風17号「ターファー」でアンテナが飛んできて車に傷がついたから修理代払ってくれ」って!

 

修理代○○万円泣く泣くお支払い致しました。故に2019年台風18号の名前が「ミートク」ってなんか素敵な命名となりましたが、上陸はして欲しくないですよ〜(心の声でした。)