スポンサーリンク

兵庫県尼崎市わいせつ14歳少年の名前や身元や学校情報は?中学2年少年が女児に抱きつき下半身触り逮捕!

ニュース

9月24日兵庫県警尼崎東署が、9月5日午後女児に抱きつき下着に手を入れ、下半身を触るなどした疑いで、尼崎市の中学2年の少年14歳を強制わいせつ容疑で逮捕しました。

 

中学2年の少年は容疑を認めているようですが、中学2年の少年の顔画像に名前、通っている中学校など含めた身元情報が気になります。

 

そこで今回は「兵庫県尼崎市の中学2年の少年が女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕!14歳少年の名前や身元情報は?」について書いて参ります。

 

スポンサーリンク

兵庫県尼崎市の中学2年の少年が女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕!の事件の概要は?

まずは兵庫県尼崎市の中学2年の少年が女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕!の事件の概要について紹介いたします。

 

*兵庫県警尼崎東署

小学3年の女児(8)の体を触るなどのわいせつな行為をした疑いで、兵庫県警尼崎東署は24日、同県尼崎市の中学2年の少年(14)を、強制わいせつ容疑で逮捕した。

逮捕容疑は9月5日午後4時半ごろ、同市内にある集合住宅の通路で、帰宅途中だった女児に抱きつき、通路やエレベーター内で下着に手を入れ、下半身を触るなどした疑い。容疑を認めている。

同署によると、女児の保護者から「娘が誰かに体を触られた」と相談を受け、捜査していた。

引用:神戸新聞NEXT

今回は大変驚きのニュースであります。近日わいせつな行為をしたとして「強制わいせつ容疑」で逮捕されるという事件が多発しておりますが、今回逮捕されたのは未成年であり尚且つ中学2年生で14歳の男の子だというのです。

 

正直このニュースを聞いた時は耳を疑い言葉につまりましたが、やっと出た言葉が「世も末」という一言でありました。

 

しかも報道の内容を読みましたら手口は大人が犯罪を犯すパターンであり、もし女児の保護者から警察の相談がなければ犯人が発覚しなかった訳です。

 

スポンサーリンク

兵庫県尼崎市の中学2年の少年が女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕!の犯行現場は?

続きまして兵庫県尼崎市の中学2年の少年が女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕!の犯行現場についてお知らせ致します。

 

中学2年の少年が女児にわいせつな行為を犯した犯行現場は、兵庫県尼崎市内にある集合住宅の通路やエレベーター内であることがわかっています。

 

スポンサーリンク

兵庫県尼崎市で女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕された14歳少年の顔画像や名前など身元情報は?

ここからは兵庫県尼崎市で女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕された14歳少年の顔画像や名前など身元情報について調べていきます。

 

強制わいせつで逮捕された14歳少年の顔画像についてですが、現段階では公表されておらず入手できませんでした。

 

また14歳少年の名前についてですが、これもまた未成年であるが故に公表されていません。その他の身元情報についてわかっていることは、住所が兵庫県尼崎市であるということだけです。

 

未成年であるため名前や顔画像が出てくることは無いかと思いますが、今後上記のことに関わる何か新しい情報が出現しましたら随時追記し更新して参ります。

 

スポンサーリンク

兵庫県尼崎市で女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕された14歳少年の通っている中学校は?

最後に兵庫県尼崎市で女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕された14歳少年の通っている中学校について調べて参ります。

 

結論から申しますと14歳少年の通っている中学校は公表されていません。ですが住所が兵庫県尼崎市ということなので少年が尼崎市の公立小学校を卒業し、そのまま公立の中学校に入学し通ってればと予測!調べて見ました。

 

兵庫県尼崎市立の中学校一覧で調べますと、18校存在することがわかりました。ですがわかったのはここまでで、どこが該当するかまでには至りませんでした。

 

ちなみに兵庫県尼崎市には私立の中学校も1件存在し、そちらに通っているという可能性や、他の町に存在する私立中学校に通っているという可能性も捨てがたいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「兵庫県尼崎市の中学2年の少年が女児に抱きつき下半身触り強制わいせつで逮捕!14歳少年の名前や身元情報は?」について書いてきました。

 

同世代の子を持つ親として今回の事件は大変ショックな出来事でした。この世代は何にでも興味が湧き、またそのことに関して「怖いものなし」で行動することもあるでしょう。

 

携帯の普及により昔と比べ親子でコミニュケーションが取りにくくなったこのご時世でありますが、私も親として(子供の指導も含め)子供の考えていることが少しでも理解できるように、話し合いの時間を設けるよう努力せねばと思った所存であります。